« 日本100名城No66津和野城 | トップページ | 山口県立博物館SL D601 »

2022年6月11日 (土)

日本100名城No75萩城

 日本100名城No75萩城跡の登城は二度目です。10年前の2012年11月28日のブログ「萩城跡と厚狭毛利家屋敷」を見ると、「この日の朝は萩城址のある指月公園と駐車場前にある旧厚狭毛利家の長屋の観光から一日が始まった。 広島に居城を置き中国地方8ヶ国の大大名112万石、五大老のひとりであったが1600年の関が原の天下分け目の戦に西軍について敗れ、周防・長門の二ヶ国に36万千石に減封された毛利輝元の築城である。萩城址の石垣につわぶきの花が見える。」と写真がある。この時に萩城址と旧城下の関連施設を見物済であり、今回は扇の勾配を持つ天守台への再訪と本丸入口のスタンプが目的の登城となった。

登城日5月18日

Img002-4_20220607115901

Img004-5_20220607120001

天守台石垣が残っていますが、明治の天守古写真をコンピューター処理で着色した「日本100名城に行こう」の萩城の写真

Img005-4_20220607121201

萩城御城印、毛利元就の家紋は「一文字三星紋:いちもんじみつびしもん」と「長門沢瀉紋:ながとおもだかもん」の毛利家の二つの家紋がある。

_dsc4951-2

築城者の毛利輝元は10年前と変わらずどっしりと構えていた

_dsc4952-2

築城者の毛利輝元の履歴も変わらず10年前と同じ

_dsc4958-2

萩城趾と内堀に映える美しい扇の勾配の天守台石垣も相変わらず

_dsc4956

萩城跡説明板

_dsc4956-2

出来るだけ明るく拡大してみました

_dsc4960

天守台の脇に続く大規模な石段(雁木)

_dsc4961-2

天守台に上る石段

_dsc4964-2

天守台からの内堀(指月山方向を背に)天守台扇の勾配の石垣

_dsc4965_20220608175401

天守閣跡の基礎石

_dsc4967-2_20220608175501

天守台脇の石段(雁木)と天守台を撮影した史跡萩城趾石碑の方向

_dsc4972

天守台上からの指月山方向の内堀

_dsc4973

天守台からの指月山、山頂には要害が築かれていた

_dsc4976-3

萩城天守の古写真

_dsc4984

石垣の巨石

_dsc4980

内堀

_dsc4985

海水を取入れる内堀

_dsc4986

内堀の外側からの内堀と石垣

_dsc4987

内堀と石垣

今回は天守台と内堀と石垣を主に見学した萩城跡でした。

« 日本100名城No66津和野城 | トップページ | 山口県立博物館SL D601 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城No66津和野城 | トップページ | 山口県立博物館SL D601 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト