« 総社市石原公園SL D51 889 | トップページ | 津山駅北口広場SL C11 80 »

2022年6月27日 (月)

日本100名城No.68備中松山城

 日本100名城No.68備中松山城、山城に唯一現存の天守が残る堅城。主要な曲輪は階段状に配され、高石垣が強固な防御線を構成している。

Biccyuu
旧国名、備中松山城は現在の岡山県高梁市です

登城日5月22日

Img004-5_20220625080601

日本100名城に行こう公式スタンプ帳

Img001-7

主な遺構と見どころ

Img006-7

御城印は徳川幕府が大政奉還した時の最後の城主、板倉雄静氏の家紋、九曜巴紋と右は猫城主のさんじゅーろーの御城印

_dsc5496-2

天守の管理事務所では猫城主のさんじゅーろーは昼寝をしていました。平成30年7月豪雨の後、備中松山城三の丸で保護された推定3歳のオス猫。備中松山藩の藩士から新撰組の隊長になった谷三十郎にちなみ「さんじゅーろー」と名付けられました。その可愛らしさと人懐っこさから観光客の人気ものです。

_dsc5440-2

山上に階段状に築かれた堅固な備中松山城天守まで攻め上る

_dsc5442-2

大手門跡

_dsc5445-2

足軽箱番所跡

_dsc5446-2

岩盤上に築かれた石垣と土塀

_dsc5448-2

二の平櫓と三の平櫓跡の岩盤上に築かれた土塀

_dsc5451-2

三の平櫓跡

_dsc5452-2

三の丸跡

_dsc5453

足軽番所跡

_dsc5455-2

備中松山城跡、重要文化財の備中松山城・天守・二重櫓・土塀

_dsc5457

黒門

_dsc5461-2

備中松山城復古図

_dsc5463

二の丸跡から見た天守(右)再建の五の平櫓(中)六の平櫓(左)

_dsc5465

ここは備中松山城券売所、入城料500円 天守が見えた

_dsc5469

備中松山城 標高430m小松山の岩盤上の本丸に建つ

_dsc5470-2_20220625134801

本丸東御門

_dsc5472

天守の内部 天守の構造掲示

_dsc5478-2

最後の城主 板倉勝静と漢学者山田方谷の解説板

_dsc5482-2

説明板が並ぶ天守内部の様子

_dsc5487

天守の御社壇

_dsc5490

天守から城下の景色

_dsc5492_20220625135601

天守内部の梁などの構造

_dsc5494

天守に上がる階段

_dsc5497-2

二重二階の天守、大きめの唐破風の出窓

_dsc5499-2

搦手門曲輪跡

_dsc5500-2

搦手門跡

_dsc5501-2

大手門北側に天然の岩盤上に堅固に築かれた高石垣

_dsc5471-2

小松山山頂に築かれた小振りだが現存する唯一の山城の天守であった。

 

« 総社市石原公園SL D51 889 | トップページ | 津山駅北口広場SL C11 80 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 総社市石原公園SL D51 889 | トップページ | 津山駅北口広場SL C11 80 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト