« 日本100名城No.86大野城 | トップページ | 日本100名城No.87名護屋城 »

2022年7月23日 (土)

日本100名城No.88吉野ヶ里

 日本100名城No.88吉野ヶ里は、日本の城の起源とされる弥生時代の環濠集落、ここは13年前の2009年12月に吉野ヶ里遺跡を含む吉野ヶ里公園全体を観光と野鳥撮影で、3~4回ブログに掲載済であるが今回は城の起源とされる外敵に備えて集落の周囲に二重三重に濠や柵を巡らした「城」の祖型である環濠集落の二ヵ所・南内郭と北内郭を探訪してスタンプラリーを行った。

撮影日7月13日

Img001-4_20220721220201

日本100名城に行こう公式スタンプ帳

Img005-4_20220721220201

主な遺構と見どころ

_dsc7132-2

「城」の祖型と呼ばれる南内郭と北内郭の環濠集落

_dsc7133-2_20220722083401

1400年前の大野城跡よりも更に古代の吉野ケ里は、1800年前の「城」の祖型といわれる

_dsc7137-2

南内郭の鳥居

_dsc7138-2

鳥居の右横に逆茂木・濠・木柵

_dsc7139-2

左の逆茂木・濠・木柵

_dsc7140

南内郭の内部に四ヶ所の物見やぐら

_dsc7142-2

南の守りの説明図

_dsc7143

南内郭の物見やぐら

_dsc7144-2

南内郭の鳥居はサントリー

_dsc7147-2

北内郭などの説明板

_dsc7149-2

北内郭の環濠集落へ向かう

_dsc7150-2_20220722085201

北内郭(王の宮殿)の説明板 まつりごとを司る重要な場所

_dsc7152-3

北内郭の鳥居はニワトリ、近頃はニトリ、二重三重の柵と濠で防備

_dsc7153-2

主祭殿・物見やぐらの内柵と外濠と外柵

_dsc7155-2

主祭殿・物見やぐらの柵と内濠

_dsc7166

シイタケ栽培ではありません、逆茂木です

_dsc7165-3

逆茂木(乱杭)の説明板

_dsc7159-2

主祭殿

_dsc7157-2

主祭殿の説明板

_dsc7161

斎殿

_dsc7160-2

斎殿の説明板

_dsc7158

北内郭の物見やぐら

「城」の祖型といわれる1800年前の北内郭の環濠施設を外敵から守る城柵と濠と逆茂木などの復元された施設でした。

« 日本100名城No.86大野城 | トップページ | 日本100名城No.87名護屋城 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城No.86大野城 | トップページ | 日本100名城No.87名護屋城 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト