« 日本100名城No.81松山城 | トップページ | 日本100名城No.82大洲城 »

2022年7月 2日 (土)

日本100名城No.80湯築城

 日本100名城No.80湯築城。湯築城の住所は松山市道後公園、道後温泉の近く松山城も望めます。松山市内には隣り合って二ヵ所の日本100名城がありました。伊予国は現在の愛媛県全域にあたる旧国名。南海道に属する。国名は「い湯(ゆ)」(は発語)すなわち温泉の意に由来するという(ウイキペディアより)

伊予には今治市の今治城、松山市の湯築城と松山城、この次に訪問する大洲市の大洲城と宇和島市の宇和島城と五ヵ所の日本100名城を有しています。

登城日5月23日

_dsc5770-2_20220701123001

道後公園の位置図

Img001-10

日本100名城に行こう公式スタンプ帳

Img003-9

主な遺構は縄張り、土塁、堀、城跡は二重の堀と土塁が囲む

_dsc5760-2_20220701130001

市電駅とバスのりば「道後公園」

_dsc5759-2_20220701130101

国史跡 湯築城跡と後ろは遺構の土塁

_dsc5769-2

道後公園(湯築城跡縄張り)

_dsc5762-2_20220701134001

内堀・内堀土塁の説明

_dsc5763-2_20220701134201

内堀と土塁 

_dsc5765-2_20220701134401

湯築城跡の由来 歴史の古い城跡

_dsc5764-2

整備された内堀と土塁の湯築城跡

_dsc5768-2

道後公園と湯築城跡の標識

_dsc5773-2_20220701153401

復元された武家屋敷

_dsc5774-2

円形石積遺構 用途は不詳

_dsc5776-2_20220701180401

内堀・内堀土塁の説明・掘った土を盛り上げて土塁にしている

_dsc5777-2

内堀と内堀土塁

_dsc5780-2_20220701180501

復元した侍屋敷 右は遺構の土塁

_dsc5781-2_20220701180601

発掘調査の報告・搦手門の説明

_dsc5782-2

内堀と土塁が主な遺構・南北朝時代から歴史のある湯築城跡でした

« 日本100名城No.81松山城 | トップページ | 日本100名城No.82大洲城 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城No.81松山城 | トップページ | 日本100名城No.82大洲城 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト