« 日本100名城No.90平戸城 | トップページ | 日本100名城No.92熊本城 »

2022年7月27日 (水)

日本100名城No.91島原城

 日本100名城No.91島原城。島原城は1618(元和4)年から、松倉豊後守重政が4年ないし7年の歳月をかけて築いたものです。五層天守閣を中核に、大小の櫓を要所に配置した、安土桃山期の築城様式を取り入れた壮麗な城でした。それ以来約250年間、4氏19代の居城として、数多くの物語が生まれました。

登城日7月15日

Img012-2_20220726090601

日本100名城に行こう公式スタンプ帳

Img013-2_20220726090701

主な遺構と見どころ

Img014-2_20220726090701

松倉家の家紋「九曜紋」のほか、高力家の家紋「四方木瓜」、戸田家の家紋「六つ星」、深溝松平家の家紋「重ね扇」と歴代城主の家紋がデザインされている。

_dsc7365-2

島原城は復興天守閣の下まで駐車できる唯一の城、早朝は他車は見えない、AM7:30に到着するが9時からの開城時間まで天守閣の周囲を攻城してみた。

_dsc7369-4

島原城案内図

_dsc7363-2

西の三重櫓

_dsc7366

お城の鐘

_dsc7375

島原城御馬見所

 

 

_dsc7382-2

地元の北村西望先生の彫像と巽の櫓(西望記念館)

_dsc7407-2

天草四郎と巽の櫓(西望記念館)

_dsc7396-3

巽の櫓と彫像

_dsc7391-2

狭間、後方は丑寅の櫓

_dsc7395-2

丑寅の櫓の石垣と内堀

_dsc7385

丑寅の櫓(民具資料館)

_dsc7362-2

島原城天守閣外壁等改修工事・令和4年7月4日~5年2月28日

「島原城」の工事について、 本市のシンボルである島原城は2024年(令和6年)に築城400年を迎えることから、島原城及び周辺の整備を進めております。 その事業の一環として、島原城天守閣外壁等改修工事を実施します。期間中、市民及び観光客の皆様方には、騒音や工事車両等においてご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。 ※なお、期間中も島原城は、天守閣や敷地内櫓等、通常通り開館しております。9時より天守閣へ入城

_dsc7424-2

天草四郎 陣中旗 天守閣はキリシタン資料館

_dsc7425_20220727103801

天守閣二階

_dsc7427

_dsc7428

天守閣三階

_dsc7430-2

_dsc7434_20220727104101

天守閣四階

_dsc7437-2

天守閣5階

_dsc7438-2

天守からの眺望(生憎の曇り空)東

_dsc7439-2_20220727104301

_dsc7440-2

天守 西の眺望 普賢岳方面

_dsc7442-2_20220727104501

_dsc7443-2

天守からの南の眺望

_dsc7446-2

_dsc7449-2

天守から北の眺望 城の縄張りが分かる

_dsc7421-2

下城後の島原城天守閣

 

 

_dsc7418-2

_dsc7410-2

抜け穴伝説の石垣

_dsc7409-2

抜け穴伝説の説明

_dsc7416-2

根毛穴伝説の石垣が白く見える

_dsc7414-2

石垣と内堀

_dsc7453-2

_dsc7454-2

 三重の瓦葺白壁の狭間と石垣と堀の堅固な島原城を曇り空の中で7:30~9:30まで二時間の攻城でした。

 

« 日本100名城No.90平戸城 | トップページ | 日本100名城No.92熊本城 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城No.90平戸城 | トップページ | 日本100名城No.92熊本城 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト