« 大江戸温泉物語鳴子温泉ますや | トップページ | 飯盛山と鶴ヶ城と綾瀬はるかの桜 »

2022年8月30日 (火)

三日目は会津芦ノ牧温泉大川荘

 東北温泉旅行の三泊目は会津芦ノ牧温泉大川荘、入館するとロビーの浮き舞台では三味線の生演奏で出迎えは粋なはからい。大川に臨む絶景の露天風呂と懐石料理が楽しみな老舗旅館。

撮影日8月25~26日

Img005-2_20220829123101

こころ潤す、渓谷の宿 芦ノ牧温泉大川荘パンフより写真を転載 

_dsc8285-2

PM3時チェックイン予定が2時間遅刻の5時過ぎのチェックイン

_dsc8287-2

16-18時はロビーの浮き舞台で三味線の生演奏でお出迎え

_dsc8289-2

4月に予約の長早割のプラン、月見亭スタンダード12畳の純和風

Dscn1328-2

7時半からの懐石料理の前にたな田風の絶景露天風呂と大浴場へ

Dscn1338-2

内湯の大浴場

Dscn1333-2

たな田風にだんだんに配置した湯船から翌朝の絶景が見もの
Dscn1341-2
サウナの「陽だまり」は岩塩を用いたピンクソルトサウナ

_dsc8305-2

2階食堂のこだわり目標五ヶ条

_dsc8304

前菜と御造りと冷し鉢が用意されて、まずは生ビールを注文

Img004-2_20220829132001

大川荘総料理長の御献立・メインは魚か肉、全員肉をチョイス      

_dsc8317-2

翌朝は5時半の一番に四季舞台たな田の大浴場と露天風呂へ

Dscn1344-2

大浴場

Dscn1345-2

大浴場

Dscn1346-2

源泉かけ流し、3段のたな田風湯船の絶景露天風呂

Dscn1347-2

棚田風に「だんだん」に配置した湯船、檜造りの屋根から香る木の香り。目前に広がる渓谷の大パノラマ、自然を五感で感じながら楽しむ。

Dscn1351-2

ピンクソルトのサウナ「陽だまり」

Dscn1363-2

翌朝5時半~9時に空中露天風呂が一般の時間

Dscn1365-2

空中露天風呂は123段の階段を降りる(下り階段を見上げる)

Dscn1357-2_20220830100001

窓の右側に見える簾が空中露天風呂

Dscn1359-2

崖の上にせり出した空中露天風呂は簾で目隠しされていた

Dscn1360-3

湯船の中で簾(すだれ)の下から覗かないと渓谷美は見えない

Dscn1355-2

空中露天風呂の上に在る休憩室からの風景

Dscn1356-2

目前に自然が広がる空中露天風呂の休憩室からの抜群の景色

_dsc8311-2_20220829133301

入浴後は7時半から2Fバイキング会場へ(自分のセレクト朝食)

_dsc8312-2

朝のロビー

_dsc8313-2

お土産の入口

Dscn1369-2

渡って来た橋を左折して会津若松城方面へ観光見物、行き先は白虎隊が自刃した飯盛山へ

« 大江戸温泉物語鳴子温泉ますや | トップページ | 飯盛山と鶴ヶ城と綾瀬はるかの桜 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大江戸温泉物語鳴子温泉ますや | トップページ | 飯盛山と鶴ヶ城と綾瀬はるかの桜 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト