« 日本100名城No.95岡城 | トップページ | 小松島駅跡SL C12 280 »

2022年8月 2日 (火)

日本100名城No.94大分府内城

 日本100名城No.94大分府内城。大分市荷揚町に所在する「府内城」(荷揚城)は、府内藩主の居館および武家屋敷により構成された、近世城郭の特徴を色濃く残す城です。大分川と住吉川に挟まれ、かつて海辺に面した府内城は、白土の塀と、まるで水上に浮かぶその姿から、「白雉(はくち)城」とも呼ばれています。府内城は、大友氏が国を去った後、豊後を治めていた早川氏に続き、府内に入った福原直高により、築城が行われ、その後竹中重利により、現在の府内城の形が出来ました。府内城下町も同じ時期に形成され、今の大分市街地のおおよその形は、この頃に作られました。(大分市HPより掲載)

登城日7月18日

Img012-7

日本100名城に行こう公式スタンプ帳

Img028-2_20220801140101

主な遺構と見どころ

Img030-2_20220801143301

江戸時代の府内城の地図「本丸・二之丸部分」大分市教育委員会発行 府内城ウォーキングマップより

Img029-2

現在の府内城跡の地図「大分城址公園」大手門でスタンプをしてから府内城ウォーキングマップを頼りに歩き始める

_dsc8009-2

西之丸角櫓(二階櫓)

_dsc8011-2

大手門と西之丸角櫓

_dsc8012-2

平櫓

_dsc8015-2

大手門、ここで100名城のスタンプとウォーキングマップを入手

_dsc8018-2

宗門櫓

_dsc8019-2

城内からの西之丸角櫓と白壁

_dsc8020-3

大分城址公園 案内板 撮影位置

_dsc8021-2

内堀

_dsc8022-2

二階櫓石垣の内堀

_dsc8023-2

拡大するとアオサギが堀の獲物を狙っていた

_dsc8027-2

廊下橋前の冠木門

_dsc8042-2

本丸址・本丸櫓台(左)と天守台(右)

_dsc8034-2

天守台

_dsc8035-2

天守台からの廊下橋、橋は床を外して敵の侵入を防ぐ構造でした

_dsc8036-2

天守台からの人質櫓

_dsc8037

人質櫓

_dsc8044-2

二階櫓

_dsc8046

北東角の二階櫓

_dsc8047-2_20220802100401

水手口の内堀

_dsc8049-2

帯曲輪

府内城ウォーキングマップによる攻城でした。

四国は四県九城の日本100名城の城廻りでした。九州の県は九州といえども七県、7月13日から福岡県の福岡城を皮切りに大野城、反時計回りに、佐賀県の吉野ヶ里・名護屋城・佐賀城、長崎県の平戸城・島原城と周り、熊本県は雨の中で復興した熊本城に登城後に加藤神社に参拝して、二年前の球磨川洪水被害の人吉城跡へ歴史資料館は未だに閉館中、肥後熊本から薩摩の鹿児島城へ、ついでにJR最南端の西大山駅をロケして指宿観光、薩摩から日向の飫肥城と岡城へ、ゴールは7月18日の豊後の国、大分府内城で九州13城のスタンプラリーを完了しました。

 

« 日本100名城No.95岡城 | トップページ | 小松島駅跡SL C12 280 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城No.95岡城 | トップページ | 小松島駅跡SL C12 280 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト