« 野辺山・高原のポニーC56 96 | トップページ | 小淵沢小学校のC56 126 »

2022年9月29日 (木)

小海線清里駅前 C56 149

 JR小海線の清里駅は多くの観光客が利用する駅です、駅の標高は1,275 mで、JRの駅の中で隣にある野辺山駅1345mの次に2番目に高く、また、山梨県で一番高い最北端の駅です。その野辺山駅との間の県境にはJR最高標高地点1375mがあります。
清里駅前に展示保存してある蒸気機関車 C56 149 号機は、高原のポニーの愛称でJR小海線沿線の高原野菜を出荷するなど地元沿線で活躍したSL。1941年12月~1972年12月まで31年間、長野鉄道管理局中込機関区(佐久市)に所属して地球を約37周を走行した機関車です。

_dsc8713-2_20220929122401


大きな樹脂屋根ありチェーン柵ありでホームと並行して展示保存

_dsc8714-2

2019年11月9日・10日清里駅前C56メイクアッププロジェクトにより修復塗装完了の履歴が説明板に記録されています。

_dsc8715

_dsc8716-2_20220929122601

製造年月日:昭和13年6月28日 三菱重工業神戸製作所
米沢機関区→仙台釜石機関区→昭和16年中込機関区に転属し
31年間小海線を走り続け昭和47年10月に廃車

_dsc8718-2

整備状況は綺麗で良好です

_dsc8719-2_20220929122701

黄色塗装が目立ちます

_dsc8731-2_20220929122901

_dsc8721-2

キャビに入れます、バルブコックとブレーキハンドルが黄色塗装

_dsc8727-2_20220929123201

キャビ内部は塗装が新しい

_dsc8726-2_20220929123001

運転席の直ぐ脇は清里駅のホームです

_dsc8729-2_20220929123201

助手席窓の外に清里駅に入る観光客が見えます

_dsc8734-2

入場券を購入して小淵沢方面登りホームから撮影

_dsc8735-2

ホームからは近くから撮影できます

_dsc8736-2

黄色塗装の安全弁や銅パイプの配管

_dsc8740-2

清里駅標高表示とC56 149

_dsc8745

野辺山駅方面のホームの団体観光客

_dsc8747

清里駅に到着したハイブリットカー

_dsc8756-2

小淵沢行が入線

_dsc8757

到着した小淵沢行ワンマン

_dsc8763-2

最後に清里駅前の展示保存、高原のポニー C56 149号車

« 野辺山・高原のポニーC56 96 | トップページ | 小淵沢小学校のC56 126 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野辺山・高原のポニーC56 96 | トップページ | 小淵沢小学校のC56 126 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト