« 田辺市会津児童公園 C57 7 | トップページ | 那智勝浦町築地公園 C57 119 »

2022年11月 6日 (日)

新宮市あけぼの児童公園 C11 96

 昨日は地元の日産スタジアムが本拠地のJ1横浜FMが三年振り5回目の優勝❣を最終戦で勝ち取りました。プロ野球はセ・リーグ2位だったがサッカーは強かった!
今回もSL保存地巡りの続きです。和歌山県のSL六両目は新宮市あけぼの児童公園のC11 96号車、近くまで来たが機関車のある公園が見つからず、立ち寄ったコンビニで尋ねるとそこから50m位の近所であった。団地内の小さな児童公園で屋根付き低い木柵はキャビ内まで出入り自由な構造。機関車の上で遊んでいた児童に公園の名前を尋ねたら彼らは機関車公園と呼んでいたが保存状態は最悪で荒廃して彼らの秘密基地になっていた。

撮影日2022年10月8日

_dsc9457-2

コンビニから向かった小さな児童公園の手前の線路跡の道路に埋め込まれていた(かっての引き込み線の跡地?)素敵な説明板を見てSLの現況を期待したが・・・

_dsc9440

目に入ったのは後照灯の欠損とボロボロに荒廃_dsc9442-2

機関車の上に5,6人の子供が遊んでいたがカメラを向けると叱られると思ったのが全員が直ぐ降りてしまった。子供たちには注意書きは無視されている。

_dsc9443

ナンプレと川崎車輛が目立つ、ドームやキャビの上で子供が遊ぶ

_dsc9444

荒廃が目立つばかりで全く十数年も整備とは無縁の存在

_dsc9451-2

キャビ内もこの有様

_dsc9448-2

1936年6月川崎車輛 製造 1972年9月 廃車

_dsc9455-2

後方右の滑り台で遊んでいる児童がSLの上に乗って鬼ごっこ?して遊んでいた。「新宮市美化条例」は きれいなまちにしよう!とあるがこのSLはボロボロの荒廃状態で公園の美化とは真逆の状態でした。

かっては白い蒸気を噴き上げ、もくもくと黒い煙を吐き、爽快な汽笛を鳴らし、力強く走る雄姿を誇りとした蒸気機関車の成れの果てのように思うと役所や管理部署の扱いがあまりにも情けないと憤りを感じます。

 

« 田辺市会津児童公園 C57 7 | トップページ | 那智勝浦町築地公園 C57 119 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田辺市会津児童公園 C57 7 | トップページ | 那智勝浦町築地公園 C57 119 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト