« 三泊四日温泉旅の初日は和倉温泉加賀屋 | トップページ | 三日目は大江戸温泉物語ホテル木曽路 »

2023年8月26日 (土)

能登から飛騨高山・高山グリーンホテル

 和倉温泉の加賀屋で宿泊した翌日の8月22日は二泊目の温泉は、飛騨高山温泉の高山グリーンホテルにお世話になりました。ここに到着前に4年前に観光した白川郷合掌作り集落に立ち寄りましたが坂道を100m位歩いて足腰にしびれが来て断念、4人が戻るまで車の中で1時間以上休むていたらくでしたので温泉入浴が待ち焦がれました。

撮影日2023年8月22~23日

Dsc02513jpg2

高山グリーンホテル

Dsc02502

高山グリーンホテル玄関

Dsc02430

高山グリーンホテルは50周年記念

Dsc02431jpg1

ホテルフロント・ロビーの恵比寿台・実物の1/3のレプリカ

Dsc02434jpg1

二台目のフロント・ロビーの屋台 実物大の1/3のレプリカ

客室は天領閣6階の642号室(写真は撮り忘れ)

Dsc02466

地下一階の天領の湯

Dsc02467

「天領の湯~風雅~」露天風呂には新たに高濃度炭酸泉が新登場!

Dsc02472

泉質について お肌を柔らかくすべすべにする「美人の湯」
当ホテルの源泉「天領の湯」は弱アルカリ性。Ph値が8.1と高いため、お肌を柔らかく整え、きめ細かくつややかにする美肌効果から「美人の湯」と呼ばれております。浸かればお肌はしっとりすべすべに、日ごろの疲れを取り去ってくれる自慢のお湯をお楽しみください。

Img045jpg0

夕食の緑亭の日本食献立表

Dsc02436jpg2

日本食 緑亭 五人の席

Dsc02439

前菜 葉月の頃口取り盛り合わせ 生ビールで乾杯

Dsc02445

六品目の替鉢は飛騨牛陶板焼き

Dsc02449

八品目は焼き物 鮎塩焼き 宇和流 海腹川背、この後は そうめんと食事、水物はフルーツ ケ―キー で夕食を済ます

Dsc02492

飛騨高山温泉 本陣大浴殿

Dsc02509

旅の疲れをいやすのは、こんこんと湧き出る癒しの温泉。ホテル自慢の「本陣大浴殿」は、ガラス張りの壁一面から四季折々の情緒を感じられる開放的な空間。そとに広がるお庭を出れば、そこにはライトアップも美しいふたつの露天風呂。

Dsc02510

簾の中は庭園露天風呂

Dsc02508

庭園露天風呂

Dsc02505

庭園露天風呂

Dsc02506

Dsc02481

庭園露天風呂

Dsc02480

ジャグジー風呂の奥に庭園露天風呂

Dsc02485

ジャグジー風呂のスイッチ ON

Dsc02486

サウナ室の入り口とサウナ用掛け水

Dsc02488


泉質
ナトリウム-塩化物炭酸水素塩温泉(低張性-弱アルカリ性-低温泉)


効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔痛、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

Dsc02497

朝食バイキング会場 ダイニングマルシェ グリーコート

Dsc02494

朝食自分のチョイス 棒葉味噌・鮭と鯖・辛子明太子・漬物など

Dsc02515

チェックアウト後は近くの屋台会館へ

 

Img047jpg2

入場料金1000円

Img046jpg1

Img047jpg1

高山祭屋台会館パンフより

その昔、夫婦旅で5月の高山祭りで「精巧な動きが魅力的なからくり人形」の仕掛けにビックリ!しましたが10月の秋の高山祭もいつか見物したいものです。

 

 

 

 

 

« 三泊四日温泉旅の初日は和倉温泉加賀屋 | トップページ | 三日目は大江戸温泉物語ホテル木曽路 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三泊四日温泉旅の初日は和倉温泉加賀屋 | トップページ | 三日目は大江戸温泉物語ホテル木曽路 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト