« 江の島のハヤブサ巣立ち回顧録 | トップページ | 沖縄の日本100名城No.98今帰仁城 »

2023年10月 7日 (土)

曼珠沙華のお寺・西方寺

 曼珠沙華のお寺・西方寺は、 神奈川県横浜市港北区新羽町にある真言宗の寺院です。四季を通して花寺として有名な西方寺は、秋のお彼岸になると参道の両側に赤・白・黄の様々な色の彼岸花(曼珠沙華)を見ることができる花のお寺です。9月28日に家内が近所のお友達とこの西方寺に参拝して参道の両側の赤と白の彼岸花(曼殊沙華)を観賞してきたときは、まだ黄色の彼岸花は蕾であったそうです。
黄色の曼殊沙華は見たことがないので快晴に恵まれた昨日(10月6日)西方寺に参拝して、珍しい黄色の彼岸花(曼殊沙華)の満開を観賞してから、写真を撮る人々の一員になりました。花見の後に茅葺屋根の本堂にお参りしてから御朱印を頂きましたが曼殊沙華の御朱印は売り切れでした。

撮影日2023年10月6日

Dsc02594jpg0

西方寺参道両側の彼岸花の撮影は快晴で写真が難しい?

Dsc02593jpg0

参道入口右側の赤い曼殊沙華は枯れていました

Dsc02595jpg0

山門の右側に黄色、左側に白の彼岸花(曼殊沙華)

Dsc02596jpg1

参道右側の珍しい黄色の曼珠沙華のマクロ

Dsc02598jpg0

参道左側の白い曼珠沙華は盛りを終えた枯れた花がありました

Dsc02600jpg0

西方寺山門

Dsc02600jpg0jpg1

山門を入ると正面に茅葺屋根の本堂

Dsc02601jpg0

山門からの彼岸花、左に黄色の曼殊沙華、右に白い曼殊沙華

Img001jpg1_20231007074601

西方寺御朱印

Img001jpg2

9月28日家内が参拝した時点の曼殊沙華の御朱印は10月6日の時点では売り切れでした。お彼岸の頃から西方寺の曼珠沙華は赤・白・黄色の順に咲き、花盛りを迎え枯れていく、花の命は短し。

 

 

« 江の島のハヤブサ巣立ち回顧録 | トップページ | 沖縄の日本100名城No.98今帰仁城 »

観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江の島のハヤブサ巣立ち回顧録 | トップページ | 沖縄の日本100名城No.98今帰仁城 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト