2009年4月29日 (水)

カンムリワシふたたび

石垣と言えばカンムリワシの異名を持つ石垣市出身のサウスポー具志堅用高を思い出す、昭和51年世界Jrフライ級王座に輝いた以後13度の防衛は日本歴代世界チャンピオンの中でも最多防衛記録を持つ、石垣市名誉市民第一号でもある、今日は「昭和の日」である、戦前の昭和生まれには敗戦にうちひしがれた日本人にとって昭和27年5月ダド・マリノを下して日本人初の世界チャンピオンになった白井義男氏(自分と同じ東京市荒川区の出身)を忘れることが出来ない昭和生まれの人が多いと思う、当時の大きな希望の光であった。今は亡き白井義男氏が晩年にカンムリワシこと具志堅用高と二人で後輩の育成のために設立したのが、白井・具志堅スポーツ・ジムである。偉大な世界チャンピオン二人がこのような絆で結ばれていたのも昭和の薫りである。最近人は人によって育てられると言うCMを聞く度に偲ばれる。今日はカンムリワシ再びとして先月末の石垣のカンムリワシです。

2611

カンムリワシ若です、これが石垣で最初に撮れたものです、石垣の自然環境がいずれ立派なカンムリワシに育てくれると思います。

3331

発信機を付けていた雌です、足に標識が見えます、ガイドさんの仲間の鳥獣保護員の受信機にはこの鳥から発信する電波が聞こえていました、そばにいた雄が獲物を持って来るのを待っているところです、しかし見ている時間には雄が持って来ることがないので、交尾を見ることは出来ませんが、止まっている曲った樹の上にいる雌をみていると想像は出来ましたが妄想でしょうか傍には孟宗竹はありません。

3901

雌のそばにいた雄です、下にいる獲物の方向なのか、それとも下にいる雌を気にしてか人には分からない気配である。

2781_2

松の枝にいたカンムリワシです真下で上を見上げて撮影、この後直ぐに飛ばれてしまいました松にいても待ってくれません、隣の松ちゃんは待っていた場所で飛び出しが撮れたとニコニコ顔。

1621

別の場所では後頭に白い羽が混じる冠羽が立っている威風堂々の精悍な姿を見せてくれました、目先と目は黄色、褐色の胸には白い小斑がある。尾にある白い太い帯が見える。

2032_2

牧草地の散水機に止まるカンムリワシです石垣では自然な風景です、隣の牧草地の散水機の上にもいました、ガイドさんの説明では雌雄のようです。何故か黒目が白目と言うよりも銀目をした瞬間です。

1551

もう一羽は牧草地の散水機の上からここに飛んできました、不安定な細い枝の上です、雨覆いにも白斑が見えます。先ほどの散水機の隣の牧草地です、傍で農家の人が牧草を刈っていましたが気にしていません、ここで充分に撮れたので正面向きを撮ろうと少し移動した時に飛ばれてしまいました、カンムリワシを何回も何枚も撮ると欲が出てきます、エコの時代にエゴでしょうか、エコは良くてもエゴは鳥友に迷惑を掛けます反省しています!Mさん。

2009年4月 7日 (火)

オサハシブトガラス

石垣の亜種オサハシブトガラスはハシブトガラスよりもハシボソガラスに似ているが体はハシボソガラスよりも小さい。

2901

カンムリワシの背後から近ずくオサハシブトガラス

2921

どうやらここはカラスの縄張りらしい?

2951_2

後ろからカラスのくせにトビ蹴りです

2961

そしてケタタマシク鳴いての追い出しです

2981

カンムリ君もこれにはオカンムリで飛び出し態勢です

2991_2

ウザいカラスを尻目にカンムリ君は飛び出しました

3001

ここでは静かに餌取りは出来ないと音をあげて・・・否 羽を広げての退散です、尾羽の二本の黒帯が見えました、羽を広げるとオサハシブトよりもかなり大きいのではみ出しました。

2009年4月 6日 (月)

カンムリワシのいろいろ

今日から遠征先にいますので、石垣の続きを留守中に載せておきます、ムラサキサギがいた牧草地の散水機の上にいたカンムリワシです、ムラサキサギはここでカエルを捕らえましたがそれをカンムリワシは散水機の上から只見ているだけでした、本州のカラスならば奪いにいくところですが南国の鷲は王者の風格でしょうか。

0661

牧草を乾燥させる作業車ヤンマーのトラクターが側を通ってもこの通り逃げません!

1261 

余所見している内にここから隣の牧草地の木に飛びました

1331 

散水機から隣の牧草地の端に飛んできました

1711 

飛び出した方向を見ていました、ここでも飛び出しを撮ろうと思いましたが目を離した時に飛ばれました、二日目の慣れの油断です!

1732 

牧草地の上を飛翔する時に背羽が見えました

1782 

旋回して少しこちらの方向を向きましたので羽の内側が見えました、人工物・自然・飛翔と異なる光景のカンムリワシです。

337

別の場所の雌です、そばには雄がいましたので求愛給餌が見られると期待しましたが、雄が飛んでしまい期待だけに終わりました。

ANA991便の中で読んだ朝刊に、2日に千葉市動物公園から逃げ出したアフリカハゲコウが5日に千葉市内の民家の屋根にいるところを捕獲されたとありましたが、私にはテポドンよりも興味がある記事でした。鎮静剤入りのアジでを食べさせて薬が効いたところで捕獲したようです、なかなか味なことをやりますね。ハゲコウも束の間の自由を楽しんだことでしょうか。

2009年4月 4日 (土)

カンムリワシの飛翔

石垣島のコンクリート電柱からのカンムリワシの飛び出しと飛翔です、ところで最後に出社した先月30日の朝日新聞朝刊の「天声人語」は好きなコラム欄の書き出しは随筆家の幸田文が「身の納まり」ということについて書いている。出入りの畳職人があるとき、腕は良くても老後に身の納まりがつかない者は良い職人は言えない、と口にしたそうだ「若い者に、自分の安らかな余生を示して安心を与え、良い技術を受け継いでもらわなくてはいけない」と。つまり寒々しい老後を見せれば、若い者はこの仕事を続けていいものか不安になる。それでは失格、というわけだ。見事な人生哲学だが、難しいからこその自戒だったかも知れない・・・・こんな出だしで始まり最後は年金の先々を心もとないと憂い誰もが望むのは贅沢ではなく「尊厳ある老後」である「身の納まり」という、つつましい言葉にほかならないと結んでいる。この「身の納まり」について、今までの現役引退後八年間はどのように見られていたのか、またこれから先の余生をどのように後輩達に見られていくのか、これから先の余生の過ごし方の指標となる言葉となった。

Dsc_71281

カンムリワシの飛び出しの態勢

Dsc_71291

力強く飛び出しの瞬間

Dsc_71311

飛翔

Dsc_71321

隣の電柱に着地態勢

Dsc_71531

一本先の電柱の上に止まり我々を睥睨するような目で冠を立てました。

2008年4月20日 (日)

カンムリワシ Part2

仕事と雨風で3日間も野鳥撮影を休んでいますので、思い出深い南国の国の特別天然記念物、RDB:絶滅危惧IA類のカンムリワシのまだ未公開の写真を春の日曜日に貼ることにしました。

_dsc9132_edited1s

晴天の空ですが風があるので主翼の羽が立っていますが自慢のカンムリが珍しく立っていました、ツアー客が全員写真を撮り終わると・・・

_dsc9151s

現地講師の指導でCマン全員でそろそろとカンムリワシに近づきました

_dsc9161s

その直後に飛び立たれてしましました、後ろからの飛び出しです

_dsc9163s

近い位置でしたのではみ出してしまいました

_dsc7768s

別の場所のカンムリワシの正面からの写真です、嘴は灰黒色で基部は黄色、虹彩は普通のカンムリワシと同じ黄色です、鋭い爪はイリオモテヤマネコと並び島の食物連鎖の頂点的存在に立つ証です。ヘビやトカゲ、カメ、カエル、カニ、ネズミなどを食べます。

_dsc7228s

これも別の場所です、虹彩が黒いカンムリワシです、ワイバードの現地講師の本若博次さんが西表・石垣で2,3羽しかいない珍しい個体と言われていた珍鳥中の珍鳥です。

スギ花粉症に昨日の朗報です!

花粉症を引き起こすたんぱく質をスギ花粉から取り出し、弱毒化して錠剤として飲む方法で、花粉症患者8割以上の症状が改善したと、山口大の加藤昭夫名誉教授の研究室が19日までに学会で発表した。
 加藤名誉教授によると、2006年に花粉症の原因となるたんぱく質を1日に0.7ミリグラム摂取するよう調整した錠剤を患者40人に30日間投与したところ、34人の症状が改善。うち5人は完治したという。
 治療の原理は注射と同じだが、注射による治療が数年かけて、継続的に行わなければならないのに対し、この「経口ワクチン」による方法は錠剤を1カ月飲むだけで、「手軽な治療法」としている。 


その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ