2009年7月15日 (水)

サクランボとコムクドリ

昨日は梅雨明け宣言の炎天下でカワセミの二番子の給餌を鳥友と撮影して家に帰ると顔の日焼けが酷く叱られた、麦藁帽にサングラスの井出達での撮影にも関わらずこのザマでいよいよ夏本番ですね。今日は北海道シリーズのコムクドリの給餌です、昨年も同じ「街路樹」的な洞に巣作りをしていましたが今年も同じ木の同じ洞でした。6月下旬にいつも頂く山形の佐藤錦が送られてきたが帰るまでに持たないので早速戴きますとメールが来たので真っ赤な大きい砂糖のように甘いから佐藤錦と名付けられたとも説がある(佐藤さんが開発生産者)高級サクランボを食べそこなったが、コムクドリが雛の給餌に運ぶ黒いサクランボが美味そうに見えたが結局家に帰るまでお礼を言うのを忘れる不始末であった。サクランボと言えば入社当時に流行ったスリーキャッツの「黄色いサクランボ」の悩ましい歌声を思い出す、実際に黄色いサクランボもあるらしいその名前は月山錦である。月山と言えば寝台急行「天の川」で出張した鶴岡を思い出す、この当時のサクランボは「ナポレオン」が高級品であったと記憶に残る。話を元に戻すと桜の花が散った後に実る山桜のサクランボは食用には向かないが小鳥達の餌としてサクランボ狩りしているのがこの時期である。

099jpg_6

コムクドリ♂がサクランボ狩りして来た黒いサクランボ

1131_2

桜の葉の上から営巣木へ運ぶ前に周囲を伺うコムクドリ

1441 

巣に向かって鳴いているが変なおじさんが撮影しているよ!かな?

0451 

下からの撮影、嘴に力が入ったのかサクランボが熟れ過ぎているのか丸みが少ない

143 

巣穴の前で周囲を警戒、毎回のようにあたりを見渡す律儀者である

1501 

サクランボの給餌、この巣穴の木の隣がサクランボ狩りする桜の木である、正に職住近接の位置にある。

1131_3 

暗くてよく見えないが親の頭の上に雛の黄色い嘴が見える、この巣穴は普通の横穴ではなく珍しい竪穴住居であるが雨の心配はなさそうな構造に見える。

1581 

雛の糞出し作業をする親、黒いサクランボの給餌は糞も黒いですね、フーンと言われている読者の声が聞こえる気がします。二週間前でしたので無事に巣立ちしたものと思います。

ところで人間様が生食用に食べる安い輸入品の黒いサクランボが一時八百屋の店頭にありましたが最近は見かけなくなりました、日本でも栽培されているレッドグロリーやサミットと呼ばれる品種は黒いサクランボです。

2008年7月 6日 (日)

サクランボとコムクドリ

旭川市東川町役場の駐車場から撮影したコムクドリです、道路を隔てた先の桜の木にコムクドリが営巣していました、番でしきりなしに給餌をしていましたので桜の枝の根元に上向きの樹洞があるようですが背伸びしても見えない約2m位にあり、雛は見えませんが親が飛び込んだり、糞出し作業も見られました、地上を跳んで歩くムクドリよりもコムクドリは樹上での生活が多いようです。

08613_476s

サクランボはまだ完全に熟していないようですが、この桜の樹が餌場のようです、しきりに鳴く頭部が白いクリーム色頬から耳羽にかけて赤茶色の大きな斑がある♂です。

_dsc7714s

熟したサクランボを咥えて巣に向かう♂です、飛び出し寸前です、背と肩羽は黒く雨覆と風切は紺色や緑色の光沢がある

_dsc7692s

サクランボの脇で葉についている毛虫を獲る♀のコムクドリです

_dsc7671s

桜の樹にいる毛虫を咥えて、頭部や下面が灰褐色、体上面は褐色の♀が巣穴に給餌に向かうところです

08613_533s

桜の古木、巣穴の樹上でしきりに鳴く♂です、山吹のゴールデン・イエローがアクセントになっています

08613_529s_2

日陰のこんな殺風景なところに巣穴があります、雄の給餌です、雛はまだ見えませんが鳴き声が聞こえます、八重の山吹の花は殺風景だから置いたのではありません、意味が判らなければ大田道灌と同じです、鳥撮りに場所を知らせるために置きましたがあなたは同感しますか

08613_512s_2

巣穴の中から♀が雛のフンを持って樹上を走りました、これがフンソウの写真です。巣穴や雛の匂いを消すために山吹の花は香りがないので効果はありませんよね!

撮影地の旭川にはこの日は鳥友の知り合いがいませんのでどこにも連絡出来ず、もっとも携帯がないのでPCメールしか連絡の方法はありませんが、山吹の花はこの後に風で落ちたと思います、これがこの話のオチです。

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ