2010年1月14日 (木)

サンシギ

湿地のような池にアオシギ・タシギ・ヤマシギの三種のシギが共存して採食する横浜市内の公園です。いつもお世話になっている地元のFさんのお陰で三回通ってやっと初めて3種が撮れました。

0351

アオシギ1881 L31cm

アオシギ

0052 

タシギL26cm

0152 

タシギ

0562_2 

ヤマシギL34cm

1202 

ヤマシギ

2821_2 

距離の離れている左上のヤマシギと手前右下のタシギを同時に画面に入れるのにF20まで絞りましたので画面が暗くなりました。600+1.4倍+D300

2010年1月 9日 (土)

アオシギのイナバウアー

本来ならば渓流や沢、山奥の山間の河川に行かなければ撮れないアオシギですが毎年近くの公園に渡ってきますので有り難い鳥さんですが鳥撮りにおいても想定外の事がよく起きます、贅沢ですがあまりにもカメラの近くに来たアオシギです、後さずりしながら撮りたい気持ちでしたが散歩道を歩く方に迷惑を掛けますのであまり後さずりは出来ません。そのために画面からはみ出してしまいました、想定外の出来ごとですが公園では想定害です。

1281

近くで羽繕いを始めましたが画面からはみ出しました、この鳥はL31cmです。

1301_2 

なんとか画面に入れようと後さづりしましたが葦の中の足が切れました

1351 

これがアオシギのイナバウアーです、肝心な脚が見えませんが2006年の荒川静香の金メダルからもう4年経ちました、当時の流行語大賞もアオシギ・バウアーには見向きもしないと思いますが以外にも下嘴の下の喉の部分は青白いのを発見しました。これがアオスジバウアーだ!

1721_2

羽繕いの仕上げは身震いでフィニッシュです。肉色に見える嘴の先端部分は黒光しています。泥に染まった訳ではありません。

2001_3

明るい陽射しの中渓流で丸太が浮かんでいればアオシギの丸太乗りですがこれは丸太超えです、ここではじめて全身が撮れました、大きく見える足の色は黄緑色です。

2181 

別の丸太超え、少し日陰の方がアオシギと言われるように褐色の中の青灰色が綺麗に見えます。

1941

これも近すぎて水面に写る姿も撮れません、茶色い尻尾の先端を上下に振りながら長い嘴を泥の中に入れて水生昆虫を採餌している様子です。時々このように止まって動かないで固まっている時があります。暫くするとまた尻尾を上下して採餌の活動に入ります。

2010年1月 8日 (金)

今シーズンのアオシギ

今回はこのブログの一番名最初のア行のアオシギです。昨日は大根と蕪もミニュチュアの大きさの「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろの春の七草」の七草セットをスーパーで買い物して今年一年の無病息災の縁起を担いで七草粥を食しました、正月料理に食べ飽きた後にはサッパリ薬膳料理のようですがこれで厄払いと無病息災そして元気で一年間鳥撮りが出来ますように願いました。さて松の内が終わり普通のブログに戻ります、カテゴリーは撮影した野鳥のメモ代わりに使用しているだけで検索機能はありません。またブログは野鳥撮影開始一年後に開始したのでその以前の撮影した種目が記載されていない場合もありますので気が付いた時に追加しています。

0671

青菜ではなく枯れ葉を咥えるアオシギ

001 

以下は最近撮影した採餌中のアオシギです。

003 

014 

015 

0071

ところで県内有数のこの公園はアリスイで有名な公園でしたが、このモズ♀がヒステリーなのか全ての小鳥にプレッシャーをかけるので、一ヵ月以上前から長年渡ってきたアリスイがここから逃げ出してしまいました。アリスイの縄張りを横取りしたモズ♀、この子がここにいる限りアリスイは戻らないようです。

2009年1月 7日 (水)

初撮りはアオシギ

神奈川県人として(賢人ではありません)初鳥撮りはアイウエオのアで始まる野鳥を選びました、それがアオシギです。撮影場所は地元の港北区から戸塚区にある公園まで環状2号線で20km30分の距離です。

0916_040s

午前8時に距離約20mで落葉の中の湿地で採食していました、写真は全てノントリです

0916_083s

チョット羽を広げた、時々目を離すと落葉に同化しているので見失いますが、場所をあまり移動しないので捜すのは楽でしが、公園に来られた方の殆どがなかなか見つけ難いようです

0916_123s

嘴の先を広げての羽繕い

0916_225s

尻尾を立てた!

0916_240s

こんな格好もしました

0916_301s

嘴の先でお腹を掻いています

0916_311s

あまり羽を大きく開きません

0916_412s

殆ど同じ場所で移動せず半日もアオシギを観察してこの程度の動きでした

2008年12月22日 (月)

アオシギ

先日のコジュケイやクイナと同じ公園のアオシギです、この時は遠くでカラスに追われていなくなりました、翌日も葦の陰からなかなか出てきませんでした。運が良いと10m位の距離に出る日もあるようです。

081218_008s_2

ここに居ましたがこの場所からはあまり動きません

081218_035s

朝日の中で佇むアオシギ、ここで邪魔者のカラスに追われてこの日はお仕舞いでした

0812192_131s

翌日は葦の中から出てきません、手前のキジバトとの2ショット

0812192_212s

トリミングです

0812192_201s

向こう向きで羽を広げました

0812192_222s

この日はここから動かないので午前中で撤収しました

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ