2010年1月16日 (土)

寅年のトラツグミ

毎年近くで撮れるので寅年のトラツグミを撮ろうと各市・各地の公園を回りましたが思うような写真が撮れずにいました、15日も過ぎたので地元の横浜市で撮った被れ被れのトラツグミを破れかぶれで貼る事にしました。ところで寅年のトラをネットで見ますと次のような解説がありました、成人式は3回も回り後10年で4回目の成人式が来ますがこれからも生涯学習は続くようです。

寅年は、西暦年を12で割って6が余る年が寅のとなる。

寅の月は旧暦1月

寅の刻は午前4時を中心とする約2時間

寅の方は東北東よりやや北寄り(北東微南)の方角である。

1312

暗い場所を好んで木陰にいましたのでなかなか見つけ難いにくいやつでした。

1652

木の下で木と同化している木下さんです

2172 

落ち葉の中で正面向きの落合さんでした。

2022 

近くにいたシロハラに向かってファイテングポーズを取りましたので撮りました。

2342 

常に暗いところで、なかなか落ちている小枝や草の被れから逃れません。

2512_2 

同じ落ち葉の場所でトラツグミもシロハラも同じようにボケのツーショットです。

2772 

晴天の西斜面で陽光を避けるようにしています、最後は草被りなどが少ない方ですが距離は約20m、トリムしてあります。600+D300

2009年2月 2日 (月)

幹上のトラツグミ

落葉の森の中にいたのが公園の遊歩道、林縁にそびえる常緑広葉樹の樫の大木にトラツグミが乗りました。この時はカメラマン5,6人でこのトラツグミを囲むように思い思いの場所からの撮影になりました。場所によっては手前の松木が邪魔になりますので皆さんで場所を譲り合いながらの撮影でした。

_dsc7873s

手前の松が邪魔でした、後ろにはT松さんがいました、三脚を遊歩道に置いてきたので手持ちの撮影です

_dsc7920s

邪魔松を避けての最接近の撮影ですがトラちゃんはお惚け顔です

Dsc_8010s

手ぶれを覚悟でズームを絞りプラス補正にしました

Dsc_8036s

一番明るく撮れた写真です

Dsc_8143s

この後は幹の下に降りて仕舞いました

2009年1月24日 (土)

トラツグミ

トラツグミが気に入りましたのでこれで3回目です、落葉の中で餌探しの巻きです

Dsc_2218s

大口を開けたトラツグミ

Dsc_2250s

木漏れ日とトラツグミ

Dsc_1682s 

ヤブランと笹の葉がアクセント

Dsc_2318s

大木の根元のトラツグミ

Dsc_2391s 

斜面で餌探し

Dsc_2333s 

落葉の中で斜になっての餌探し

Dsc_1935s 

木の側で周囲を警戒、落葉の保護色の中にいますので一度目を離すと見失います

2009年1月23日 (金)

トラちゃん川を渡る

森の落葉の中で二時間以上も尾羽を上下にリズミカルに動かし落葉の下のミミズを獲っていたトラツグミ君が森の斜面から公園の中を流れる小川の縁に来いました。

Dsc_2473s

森の斜面をミミズを探してゆっくりゆっくり小川の縁に下りてきました、水を飲むのか水浴びをするのかと期待を持たせましたが、どうやら浅い小川の中まで獲物を探しにきたようです、上の川面は木漏れ日で水面がひかり青い水草の傍にいるトラツグミが新鮮は感じがしました。

Dsc_2657s

そのまま小川を渡ると思ったら上流方向の石垣の下で餌探しを始めました、シダ類の青さと苔むした石垣の付近にはどんな獲物が潜んでいるのでしょうか

Dsc_2623s

苔むした石垣の下で白いエビのような小魚にも見える獲物にありつけました、トラツグミは森の落葉の中のミミズを採食しているものと思っていましたが、水中の獲物も啄ばむハンターでした

Dsc_2641s

獲物を食べた後は、暗い日陰から小川への第一歩です

Dsc_2686s

冬の渇水時期は浅いが普段は森の中で落葉の下を餌探しをしているトラちゃんにはこの浅い小川でも用心しながら対岸に渡り始めました

Dsc_2695s

更に川中を進みます、石の上に乗ることを期待しましたが、一度もこちらの期待と意志を無視しての虫探しです

Dsc_2703s

対岸に辿りつくとまたもや餌探しに没頭です、このまま下流の方向に餌探ししながら、落葉の斜面を登り、最後は遊歩道を散歩する人に驚いて飛び去りました、朝の9時半頃から約3時間もこのトラちゃんに付き合ってもらいました、落葉の中のミミズや草の実だけを採餌しているとの既成概念が打破された半日でした。距離は最短6mですが場面により写真は200-400mmのズームで調整してあるノントリです。

2009年1月22日 (木)

頭上のトラツグミ

30-50mの前方に目線を据えて県内の森でトラツグミを探して彷徨していると思わぬところで見つけました、なんと自分の目の前の樫の木の枝に7,8mのところで頭上から此方を見ていました、普通なら飛んでしまう距離ですが思わず手持ちのカメラで連写をしました。

091121_168s

手前に小枝があることに後で気が付きましたがこの時は夢中でシャッターを切りました

091121_173s

暗い森の中で右から左へとシャッター音にもかまわず頭を動かしていました

091121_178s

頭上で2,3秒止まっていたが左下の落葉の中に降りました、写真は飛び出しの瞬間です

091121_185s

頸を伸ばして周囲を警戒している様子です、あまりのも近すぎる5~6mなので枠に入れるのが精一杯でした、嘴の前横にある笹の葉がアクセンントになりました

091121_196s

笹の葉がある落葉の中が気に入ったのかここに落ち着いたようです

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ