ミソサザイ

2009年6月 2日 (火)

信州ミソ

小さな体で森中に響き渡る囀りをしてくれた信州のミソサザイです。本物の信州味噌は信州からの帰りに聞いたラジオ放送の中で、その起源は甲斐の武田信玄に由来するそうです。人は石垣人は城の人つくりの武田信玄は信濃遠征に備え農民に大豆の増産を促し味噌作りを奨励したそうです、信濃においても信玄は各地に味噌作りを奨励したので村々で競うように味噌作りが始まり、さぞかし各農家は手前味噌を自慢したものと想像します。もしかすると有名ブランドのマルコメ(今では可愛い坊主頭も14代目)や神州一も創業の起源はここにあるかも、信玄はこれらの味噌を戦に出る前に武士たちの兵糧として味噌を農家から略奪せづに買い上げたので信州味噌の大量生産の起原となったそうな。それにしても信玄の本拠地に甲斐味噌はあった甲斐な?

自分は赤味噌が好きですが家内は白味噌です、そこで我が家では昔から赤と白の合い味噌です、愛味噌ではありません、別名は妥協ミソです。味噌の甘辛は塩分と麹の含有量で決まるそうです、同じ塩分濃度であれば麹の多い方が甘口となるそうです。人間ドックの度に塩分を減らせとの診断を受けていますので好きな味噌汁も一杯が限度のようです。

話は変わりますが今日は横浜開港150周年記念日です、市内の小中学校は休みです、この記念日に孫が羽田空港まで見送りきてくれて北海道へ空の旅に出ました、旅の本来の目的は芝桜などの観光ですが・・・帰浜は週末です。そして今日は明智光秀が織田信長を本能寺で裏切りの日ですが、自分は3年越しの芝桜観光の約束を果たす日です、ブログが開かれる頃には千歳空港に到着しています。

0311

手前に来たミソサザイ、略すと手前ミソです。

027

あっち向いても、こっち向いても忙しく囀ります、小さいのが大きな鳴き声で元気が良いです。

0691

東西南北、360度全ての方角に囀りをしたような気がします

0931

木道の遊歩道の上でも

1061

囀り後は巣作りの素材運びも見られました、小川の際にある木の根の中に入って行きましたのでミソ作りに入るようです。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

ミソサザイは働きもの

尾を上げて溝のような小さい流れの中や縁を、あるいは小さな洞の中に入って昆虫やクモなどを捕えて巣穴に戻る動作を目の前で何回も繰り返していますが、羽の生えたネズミのようにチョロチョロと動き回り、おまけに小さくて鳥の仲間でもこの鳥より小さいのはキクイタダキ位しかいません。暗い場所では落ち葉や岩に同化して見難く、敏捷な挙動はなかなかカメラで捉えることが難しい小鳥さんです。鳥名の由来は、溝のような小川にいる小さい(些細)な鳥、溝些細から今のミソサザイになった説が多いようです。

鷦鷯(しょうりょう)深林に巣くうも一枝(いっし)に過ぎず    荘子

ミソサザイは広い森林に巣をつくるが、必要なのはただ1本の枝である。人は自分分に安んじるべきということで、小さくても元気な声を出す働きもののミソサザイに分相応を見習うべきか。


0861

後ろの暗い小さい洞から虫咥えて出てきました、小洞に入るのが好きなようです、中には好きな蜘蛛でもいるのでしょうか

0961

赤い実が見えます、赤味噌?

1251 フンを嘴に咥えて雛のフン出しです

1751

働きものは帰りは沢山の虫を咥えて巣に戻ります、あまり手前に来ると焦点距離の内側になり撮れません、これは手前ミソの限界です

1321 

水浴び後の毛繕いをここでしました、ぶるぶると水を跳ね飛ばした瞬間です

1721 

敏捷な動きに目を離すとどこにいるのか分からなくなります、こんな見方も同化と思います

3881_2 

嘴に咥えているのは巣に持ち帰る水生昆虫でしょうか

4071 

仙台味噌は私の好きな赤味噌ですが、ここは信州の隣の甲斐です、信州味噌は一が付く有名なブランドがありますが甲斐味噌はあった甲斐?この子はまぎれもなく甲斐のミソッチです。一日中餌取りと巣の往復でした。

深夜から6時間も掛けて高速道を590kmを駆けて来たのに昨日の舳倉島航路は欠航でした、当方には結構なんて言えません。有給休暇で遠征してきた人は可哀そうです、当方はお蔭様で4月からは無給休暇です。こんな訳で鳥友に車中から電話して石川県の探鳥地をネットで検索していただき、河北潟に行きましたがここは葦原にオオヨシキリが行行子く鳴いているだけでした、やはりここは冬場のポイントのようです。仕方なく金沢・兼六園の野鳥でも撮ろうと思いましたが、お昼前は観光客が多くここも観光客が来る前しか撮れないようです、午後から千枚田を撮りに行きましたがカメラマンが千枚田に入って居るので居なくなるまでナンマイダ、ナンマイダと目と心で数え?じっと我慢の子でした、午後6:40頃まで粘り夕日と千枚田は撮れましたが、昨夜の月の出は遅く田毎の月は次回のお楽しみになりました、その前に足のギブスを外さないと折角の温泉が・・・それよりも今朝は曇り空で風はありませんが、もし今日も欠航した場合は350km戻り戸隠高原へ野鳥撮影を決行です。三日間のブログはタイマーセットしてありますが18日夕刻4時過ぎまでネット作業は休業の予定です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオハライソヒヨドリ | アオバズク | アオバト | アカアシカツオドリ | アカオネッタイチョウ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハラ | アカヒゲ | アトリ | アナドリ | アマサギ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | ウグイス | ウスハイイロチュウヒ | ウソ | ウトウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾライチョウ | エナガ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジュリン | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハム | オオヒシクイ | オオマシコ | オオメダイチドリ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オガワコマドリ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロビタキ | オジロワシ | オナガミズナギドリ | オバシギ | カケス | カササギ | カシラダカ | カツオドリ | カラスバト | カラフトワシ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリワシ | キクイタダキ | キセキレイ | キビタキ | キマユツメナガセキレイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンバト | ギンザンマシコ | クイナ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロガモ | クロサギ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロトウゾクカモメ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コイカル | コウライアイサ | コオリガモ | コガラ | コゲラ | コサメビタキ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サシバ | サンコウチョウ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアオジ | シマアジ | シマゴマ | シマノジコ | シマフクロウ | シロガシラ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セイタカシギ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | タカブシギ | タシギ | タマシギ | タンチョウ | ダイシャクシギ | チゴハヤブサ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | ツンドラハヤブサ | トウネン | トラツグミ | トラフズク | ナベツル | ノグチゲラ | ノゴマ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシナガウグイス | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハヤブサ | バン | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリシギ | ヒメハマシギ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ベニバト | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオジロ | ホオジロカンムリツル | ホシガラス | マガモ♀ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロ | マミチャジナイ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メグロ | メジロ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤンバルクイナ | ヨーロッパトウネン | リキュウキュウコノハズク | リキュウサンショウクイ | リュウキュウアカショウビン | リュウキュウサンコウチョウ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | 旅と観光 | 趣味 | 趣味の鉄道 | 野鳥 | 鉄道