2009年9月26日 (土)

硫黄島・北硫黄島の海鳥、オナガミズナギドリ

昨日は南硫黄島のアカオネッタイチョウの写真が最後となったが、朝一番で家内が保険証を持って義母が長年患って81歳で帰らぬ人となった糖尿病の遺伝子を心配して内科で定期的に行っている検査から帰宅すると保険証をリレーのバトンのように受け取り眼科に直行、飛蚊症の精密検査は瞳孔を開く目薬をさしてから20分後に網膜剥離の精密検査を受けたが結果は白内障の進行との診断であった取りあえずは緊急の治療が必要がないとの判定でした、数年前から人間ドックの結果は「白内障の疑い」であったが今回の医者の診断はこの白内障の進行のようだと言われ、老人性白内障治療点眼剤のカリーユニ点眼液の処方箋が出され、近所の薬局でこの点眼液を受け取り一日4回の両目の点眼を開始した。さてひと安心後は硫黄島三島クルーズの昨日のリレーである。南硫黄島で待望のアカオネッタイチョウを観た後の三時間後には平らな島、硫黄島周辺に着いた169mの島で一番高い山、激戦の山・摺鉢山が目前に迫る。

0682

強い日差しの中・青い空・白い雲・飛ぶ鳥・碧い海・荒れ果てた山肌・遠くに見える平らな台地、これが摺鉢山だ!これが硫黄島だ!

2132 

鎮魂の丘方面から自衛隊滑走路に着陸態勢のジエット戦闘機・翼下のはミサイル、鉄の鳥にも鋭い爪があるようだ。

0792 

一周後に硫黄島を離れる時に、日米合わせて約27000人の御霊に白菊を献花、一分間荘厳なレクイエムに聞こえた汽笛と黙祷を捧げる、5歳で満州から敗走してきた幾多の思いが走馬灯のように走る。時は2009年9月13日午前10時40分。

5252

硫黄島から北硫黄島に向かう途中で流れてきた発泡スチロールでサーフインを楽しむセグロアジサシ?北から南へ旅路の果てはハテナ?

0901

12時頃に遠くに見えた時は島全体が雲に覆われていたが島を二周して父島に向かう時は雲が切れて海抜792mの北硫黄島の姿を表しお別れの挨拶をしてくれた。

6931

北硫黄島周辺で船に遊びに来たアカアシカツオドリ、マストの真上にいるが撮る位置からはトボケテ水先案内人のようなアカアシカツオドリが白ボケでしか撮れない、これがホントのボケボケ。

1622

近くを飛ぶオナガミズナギドリ?

1552

アナドリ?母島通過は17時頃父島着は19時頃までの船上で海鳥の撮影はなかなか鳥名も解からずアナドリ難いものがあった。

2009年9月25日 (金)

南硫黄島の海鳥、アカオネッタイチョウ

シルバーウイークの高速道路は30km以上の渋滞がGWを上回ったそうです、そんなSW後半の22日は鳥友が作品を出品している武蔵関公園に車で出掛けたが高速の渋滞の影響か環八の渋滞で往復4時間も掛かる始末であったが、野外に展示されていた61点の作品はどれもベテランの腕前で見ごたえがあった、10月4日まで開催されているので野鳥に興味がある方は晴天の日(雨天は中止)に行かれる事をお勧めします、私は小1の孫と行ったので帰りはここの公園の池でボートを漕いでひと汗かいて孫にボートの漕ぎ方をコーチしてきました。翌23日の秋分の日は父母の墓に墓参です、家から5分も歩けば菩提寺に墓地がありますので墓住近接の距離です。墓参と言えば太平洋戦争で玉砕の島、硫黄島を含む小笠原諸島が返還されて今年で41年目、敗戦からは64年目です。今回の硫黄島三島クルーズでは硫黄島墓参目的の人々に混じって鳥見のツアーも一緒におがさわら丸には乗船していました。そのおが丸が父島を出港したのは12日19時、最初に目指す南硫黄島まで約333km翌13日朝6時の予定、日の出は5:19分、同床異夢ならぬ同船異夢の船中ではPM8:30からミニ講演会が開かれる「はじめての海鳥の識別」硫黄島や北硫黄島での各種調査や活動に参加した小笠原自然文化研究所などの研究者やスタッフがPCとOHPを駆使しての解説であったが海鳥のの特徴は理解出来たが鳥の識別までは認識出来るまでには至らなかった、タイトル「はじめての海鳥の識別」は自分にとっては「難しい海鳥の識別」となった。午前4時前から起きだしてAデッキ左舷の撮影場所取り始まるが、島の周囲を回る時は貨物甲板を開放すると説明があったので日の出の5時19分に間に合うように起床した。

023

雲の中からの日の出、太陽の上にも黒い雲、黒い海上を船側に向かって走る淡い光線、これが南硫黄島へ進む方向の左舷から撮影した日の出、船は南下の最中である。

2872 

午前6時頃前方に見えるのが南硫黄島と船上の鳥見の人々の後ろ姿、飛んでいるのは船首が進む波に群がるカツオドリ

3021

6:06分頃、海面からそのままにょきっと立った916mの頂上はいつも雲に覆われて見えた事がないと隣にいた5回も訪れた人がつぶやいた。この島は人が定住した記録がなく、手つかずの自然が残された世界でも貴重な火山島、日本でも初めて「原生自然環境保全地域」に指定され全島が立ち入り制限中。国の天然記念物(天然保護区域)

6842

オナガミズナギドリの飛び立ち

8932

オナガミズナギドリ

7032 

アナドリ

4641 

南硫黄島を飛翔する白い鳥は詳細不明でした、全て初見・初撮りです鳥名も自信がありません、もし間違いがあればご指摘を頂ければ幸いです。

4772 

南硫黄島から船に向かって飛翔するアカオネッタイチョウ、船首の貨物甲板からの撮影、この後は船上を超えて右舷後方に飛び去りました、これでもかなりトリムしてあります。

島を二周して次は鎮魂の島、硫黄島に向かいました。

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ