2019年4月18日 (木)

五分咲きのネモフイラ(国営ひたち海浜公園)

国営ひたち海浜公園中央口の4月16日の案内板にはネモフィラ5分咲きチュウリップ3分咲きの情報であったがネットでは4月17日~7分咲きであったので、到着した1:30頃は晴天であり、6分咲きと勝手に判断して、ネモフィラの咲くみはらしの丘へ急ぎ足、中央ゲートから直線距離100mのぴょんぴょん橋を渡り、まつかぜ橋へ、記念の森レストハウス前を右に曲がり見晴らしの里に入るここまで15分。目の前の菜の花畑の後方はネモフィラが一面に植えられている頂上にある見晴らしの鐘を目指す。

_dsc8492

菜の花畑からのネモフィラ咲くみはらしの丘
_dsc8495

一面に咲いていないのでこれが5分咲き?

_dsc8496

更にネモフィラに近づく

ダウンロード - _dsc8505.jpg

_dsc8505

みはらしの鐘を目指してみはらしの丘を上る、外国人が目立つ
_dsc8516

ネモフィラの中の草取りをしていました(ほとけのざ、ぺんぺん草など)
_dsc8517

草取りの袋
_dsc8531

赤紫の花がほとけのざ
_dsc8532

まれに白いネモフィラが見つかります。二年連続二回目のネモフィラでした。

撮影日4月16日

 

 

2019年4月 8日 (月)

味覚てんこもり「高級グルメ」春爛漫 北陸3県良いとこどり三日目

味覚てんこもり「高級グルメ」春爛漫 北陸3県良いとこどり三日間のパッケージツアーに参加した家族旅行の三日目です。その前に貼った写真の右側が約1/4切れるので、サムネイルを1600→1200pxに落として貼ったが昨日のブログはやはり切れてしまい効果はなかった。添付した写真をクリックすると貼った写真よりもサイズの小さい全体が見える写真が見れることを確認しました。今回は念のため同じ100kbのサイズでピクセルを1200→1000pxにサイズを落として試しました。
三日目の行程は砺波を8:30にバスが出発して
〇白川郷合掌造り集落「約80分」
★まつりの森にて昼食「約60分」
〇飛騨高山(風情あふれる街並みを今に残す)「約60分」
☆富山市内 池田屋安兵衛商店 越中反魂丹など薬屋に寄る
△富山空港 ⇒⇒⇒ ANA322 ⇒⇒⇒ 羽田空港8:45着予定

_dsc83401

和田家前のバス停からここまでバス3,4分。展望台から見た白川郷萩町合掌造り集落
撮影日4月5日
_dsc83490

展望台は外国人だらけであった。手前中央が国重文の和田家
_dsc83560

展望台から徒歩で降りてきた最初の合掌造りに四日前の雪が残る
_dsc83620
神田家は屋内の見学は可能だが時間がないのでスルー
_dsc83660

明善寺庫裡内は外国人だらけ
_dsc8370
県重文の明善寺、鐘楼と奥の本堂
_dsc8376
お土産屋さんが20軒

_dsc83840

民宿が19軒 ここは幸ヱ門さん
_dsc83880

バス駐車場に戻る橋、であい橋ですれ違うのは外国人が多い、観光バス30台のうち日本人観光客のバスは3台だけであった。9割が外国人観光客のバス。

 

_dsc83940

飛騨高山の古い町並み、外国人が多い中国人女性が飛騨牛寿司の撮影
_dsc84000
何処を歩いても外国人
_dsc84410
高山陣屋門
_dsc84400
高山陣屋
_dsc84380
玄関の間
_dsc84180
名人戦対局の部屋
_dsc8446

町の酒屋に新元号「令和」商標の日本酒が発売中
_dsc84511
鍛冶橋の袂のみたらし団子屋と日本人観光客 はてな?どこかで見た家族、この他に飛騨牛にぎり寿司の立ち食い、越中銘菓おわら玉天の歩き食いなど・・・
_dsc84561

鍛冶橋の長い足
_dsc84581

鍛冶橋の長い手
_dsc84710_1

バスの駐車は高山別院の駐車場、外国人観光客もバスに向かう、飛騨高山も町中が外国人観光客で溢れていた。
Dscn98000

富山空港へ向かう途中に寄った池田屋安兵衛商店で越中反魂丹を購入する。
「越中富山の反魂丹 鼻くそ丸めて萬金丹 それを呑むやつアンポンタン」

今日は4月8日花まつりの日であったが今朝は生憎の雨模様、東林寺の花御堂に甘茶をかけにお寺参りしたが雨天の日は花御堂出ていなく、添付の写真は昨年と5年前の花御堂の写真です。0071

2014年4月8日 お釈迦様の頭から甘茶を注ぎました

 

 ↓ 2018年4月8日の東林寺 花御堂のお釈迦様

Dsc_5079

2019年4月 7日 (日)

北陸三県桜良いとこどり二日目

 

味覚てんこ盛り「高級グルメ」と春爛漫 北陸三県桜良いとこどり三日間の旅の二日目です。阪急交通社のえらく長い旅のタイトルですが「高級グルメ」は過剰宣伝気味です。その前にいまだに元の使い勝手に戻らない、直らないココログの愚痴です。今朝になって返信したコメントを確認したところダブル返信になっていたので慌てて同じコメントの二度目を削除しました。原因は返信したコメントが昔は即時に表示されたが、リニューアル後はなかなか表示されずに二度送信?したのが原因らしい?リニューアル後のサービス低下でイライラしながら待つのが遠因と思われる。それから写真の右が全て切れるのでロードアップ時のサムネイルサイズを最大の1600px→1200pxに本日から落として試行して様子をみることにした。
3250号まで続いた15年目のココログとも「おさらばブログ」の時期がますます近づいてきた気がする。正常になるまでイライラして待てるかどうか甚だ疑問でもある。
二日目のバス旅は東尋坊温泉を8:00に出発
①足羽川桜並木(さくら名所100選福井市を貫く足羽川沿いに続く桜のトンネル)
②一乗谷朝倉氏遺跡(テレビCMで話題になった国指定重要文化財)
③花筐公園(第26代継体天皇ゆかりの地/ガイド付き)
④兼六園(さくら名所100選/日本三名園のひとつ)
⑤金沢城公園(さくら名所100選)金沢駅にて自由夕食
⑥砺波(泊)ロイヤルホテル富山砺波 二日目バス走行距離215km

_dsc80560
さくらの名所100選、足羽川桜並木は咲き始めで花見客も少ない
_dsc80550
足羽川桜並木も満開ならば見事な桜のトンネルになる、駐車場のスタッフは日曜日頃と言われていたので今頃は見頃と思われる。

Img0104
一乗谷城御朱印
Img0012
一乗谷朝倉氏遺跡 義景館跡全景
_dsc8074
復元した町跡の井戸
_dsc80770

復元街並み中央から左に曲がっているように見える通り、実は直線の通り
_dsc80970

武家屋敷の黄金の甲冑と天井の武具、朝倉将棋を指す武士
_dsc80990

将棋の字と駒が独特、越前朝倉象棋は酔象(すいぞう)という駒を王将の上に置く
_dsc81030

酔象の駒の動き方は王将より一つ少なく王将の上に置く
_dsc8104

二羽に咲く枝垂れサクラ
_dsc81200
一乗谷朝倉氏遺跡、特別史跡・特別名勝・重要文化財の国の三重指定
_dsc81280
朝倉氏遺跡 朝倉義景墓
_dsc8139
朝倉氏五代
_dsc8132

一乗谷朝倉氏遺跡庭園
_dsc8134
朝倉館跡庭園

Img0021

花筐公園マップ  ↓皇子が池
_dsc8146 Img0080

 

 

_dsc8148

花筐公園
_dsc8177

岡太神社

_dsc8180

日本三大桜の根尾谷淡墨桜の在る本巣市(旧根尾村)と越前市友好都市

_dsc81510

根尾淡墨桜

Dscn9742

 そばの里で昼食

_dsc82040

兼六園の桜ヶ岡口からのサクラ
_dsc82080

 兼六園は2,3回見物しているので霞ヶ池は_dsc8210 周囲を回遊して隣の金沢城公園へ
_dsc8211  霞ヶ池の周囲には桜の木は少ないようやく見つけた一本

Img0090

絵葉書の金沢城石川門
_dsc8215

4月4日の金沢城石川門の桜

_dsc8228

石川門の石垣

_dsc8248

五十間長屋

_dsc8273

石垣にカラスとトビの争い

_dsc8277

石垣の上から85mmで撮影、トビがピーヒョロロロロと鳴いていた
_dsc8283
重要文化財 三十間長屋
_dsc8298
石垣の積み方の見本
Dscn9745
金沢駅のレストラン街で刺身・焼き魚・煮魚の魚の夕食
_dsc8334
夕食後は金沢駅北陸新幹線の撮影、そのごはDscn9753
ロイヤルホテル富山砺波へ
Dscn9748

二日目のバス走行距離約215km 万歩計は1万7千歩でよく歩いた

 

 

 

2019年4月 6日 (土)

北陸三県桜良いとこどり三日間

4月2日に頂いたコメントの返信を済ませて、3~5日の二泊三日の娘と春休みの高1の孫と4人でパッケージツアーに参加してきた。今朝は三日ぶりのブログを覗いたがコメントが公開されてなく、コメントを戴いた方に失礼してしまい後悔している。朝からコメントの送信方法を手探りで行ったが午後に確認したら公開されていたのでまずは一安心でした。

参加したツアーは阪急交通社の『味覚てんこ盛り「高級グルメ」と春爛漫 北陸三県桜良いとこどり三日間』第一日目は
松川公園(さくら名所100選)
新湊きっときと市場(自由昼食)
新湊観光船桜限定航路
高岡古城公園(前田利家が築いた高岡城跡を彩る桜、さくら名所100選)
三国東尋坊温泉 三国観光ホテル泊

Dscn96670

 羽田空港07:55 ANA313便 上空からの晴天の富士山 富山空港08

Dscn9688

この観光バスで富山・石川・福井の北陸三県と岐阜の白川郷・飛騨高山の三日間の走行約600km

_dsc7895

富山城址公園・富山藩13代の居城 昭和29年に復元した富山城

_dsc7897

城郭のサクラはまだ早かった

_dsc7923

松川公園の松川遊覧船
_dsc7932

さくら100選の松川公園は七分咲き

_dsc7950

富山市電

Dscn9686

新湊きっときと市場、ここで昼食 刺身・天ぷら海鮮丼が美味かった

_dsc7956

 紅ズワイがうまそう!しかも安い!!

_dsc7965

新湊観光船乗り場から見える海王丸

_dsc7980

生憎の二重奏、サクラは咲き始めで小雨模様の曇り空の新湊観光船桜限定航路(約25分)

_dsc7997  

加賀前田家2代当主前田利長が築いた高岡城の城址公園

_dsc8008

高岡古城公園の石垣の上から、この下にいろいろな刻印の石垣がある

_dsc8007

石垣の石にはにはいろいろな刻印がある

Dscn96921

高岡城はキリシタン大名で築城の名手として有名な髙山右近が縄張(設計)したと伝えられる

_dsc8018

高山右近像の近くの桜、高岡古城公園は1/3が水濠、ここは「さくら名所100選」

_dsc8028

高岡城址公園市民体育館横に静態保存の高岡地方を走行していたSL CⅠⅠ 217号機

_dsc8041

東尋坊温泉 三国観光ホテル

_dsc8035

3階318号室

Dscn97230

大浴場 龍翔の湯 外気温が低いので湯気が多い

↓ 畳敷きの温泉 和畳の湯

Dscn97250

和畳の湯 床に水はけのよい特殊な畳を敷き詰めてある  ↓ 露天風呂 風月の湯

Dscn97320

Dscn97340

温泉の入口

Dscn9705

夕食
初日の万歩計は1万2千歩、夕食後に孫と卓球をしたが20分で疲れが出てギブアップ宣言して就眠。

2019年3月10日 (日)

平成最後の春・河津桜

 なにわの春を飾る大相撲春場所は本日が初日であるが、2019年2月10日(日)~3月10日(日)の河津桜まつりは本日が千秋楽となった。
河津桜の満開を迎えた2月26日に訪れた河津桜祭りの河津桜です。

 

_dsc7364_2

 

新横浜発朝一番のこだま631号(N700系)で熱海で伊東線、伊東から伊豆急で河津駅到着が8:37、下りホーム端から下田方面の鉄橋と河津桜並木を撮る。

 

_dsc73680
河津駅からタクシーで1・3kmの飯田家の河津桜原木へ、朝から観光客で賑合う原木を道路の反対側から写す

 

_dsc73721
河津桜原木の由緒を読む

 

_dsc73780
河津桜原木を側面から撮影

 

_dsc7401
タクシーを降りた涅槃堂で寝釈迦像を参拝後に桜見晴台から河津桜並木方面を撮る

 

_dsc74091
名木 涅槃の桜

 

_dsc7413
名木 車の桜

 

_dsc7416
菜の花と桜、夜は河津桜並木ライトアップをしている、この裏に音蔵の桜がある

 

_dsc74220
名木 音蔵の桜

 

_dsc74360
峯温泉大噴湯公園の桜

 

_dsc74521
大噴湯は間歇泉、櫓とふんとう君、青空には大噴湯は見栄えは良いが曇天の空にはアンダー加減の撮影

 

_dsc74720

ジョウビタキ・セグロセキレイなどを撮影した「かわづいでゆ橋」から下流方向

_dsc74680

上流の峯小橋

_dsc74690
ウグイスがぐぜり鳴きしていた笹薮と河津桜

 

_dsc74790

豊泉橋から上流方向

_dsc7481

菜の花ロードと出店の賑わい

 

_dsc74860

菜の花ロードをお花見ウオーキングしながら河津駅方面に向かう

_dsc75011
15:37河津駅を発車した直後のスーパービュー踊り子号と河津桜

河津川鉄橋を渡る列車の撮影をしてから17:04発の最終の踊り子118号で横浜へ、横浜で横浜線に乗り換え新横浜19:54着の春を迎える一日でした。

2019年3月 4日 (月)

寝釈迦霊場の涅槃堂

桜見の 涅槃参りで 春が来る (涅槃堂奉賛会)

涅槃佛 河津桜と 夢見する  (桜見の一句)

河津町沢田の涅槃堂は日本三大寝釈迦霊場。
釈迦如来像は檜一本造り漆箔 全長2・58m
涅槃堂は2月~3月の河津桜の時期に公開


Img0120

涅槃堂で配布していた案内リーフレット

_dsc7379 

河津町沢田の涅槃堂

_dsc7407

入口のポスター

_dsc7406

涅槃堂では若い二人の女性の受付嬢が応対していた。

_dsc7381

Dscn96101

Dscn96111

寝釈迦様の涅槃像に三段階で近づいて参拝

Img0131   Img0132

受付の若い女性に御朱印と無料サービスで戴いた甘茶が美味しかったので身体に良いと思い二袋をお土産にお買い上げ

_dsc7395  _dsc7401

涅槃堂の上は河津川沿いの河津桜並木を一望できる見晴台

_dsc74081_2

境内の涅槃堂・涅槃像群の由来が詳しく案内されているので写真の説明は割愛、冒頭のリーフレットにも涅槃堂の解説がある。

_dsc7409_2

涅槃堂駐車場(有料)の涅槃の桜

ここからウグイスがぐぜり鳴きする「かわづいでゆ橋」に移動する。

2019年2月23日 (土)

2019年春節・祝舞遊行 その2

 2019年横浜中華街・春節:祝舞遊行は2月16日(土)16:00に山下町公園を出発~山下町公園(中華街内)→関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→南門シルクロード→山下町公園に戻る中華街全域を巡る春節の一大イベントである祝賀パレードである。今年は最初に関帝廟前の歩道で撮影後に(2月19日のブログ)、祝舞遊行パレードとは反時計進み、二度目は南門シルクロードの招福門前で進行方向右側(一度目の関帝廟前は左側)で折り畳みの踏み台に載って外国人カップルの横での撮影であった。既に一週間前の出来事であった、その後の春節最後を飾る2月19日予定の元宵節燈籠祭は雨天のために見送ったのでこのブログは春節イベント最後となります。(写真34枚)

_dsc6879

パレードの先頭は将軍組

_dsc6883

将軍組の先頭は高下駄を履いた長い黒ひげの関羽将軍

_dsc6887

見物人とハイタッチして怖い顔が笑い顔に見える関羽将軍

_dsc6889

関羽将軍配下の将軍

_dsc6895

高下駄の将軍組

_dsc6908_2

将軍組の殿は耶蘇様を御守りする将軍

_dsc6913

横浜中華学校校友会の中国舞踊の一団

_dsc6924

横浜中華学校校友会の華やかな舞踊

_dsc6937

横浜中華学校校友会国術団の獅子舞

_dsc6942

横浜中華学校校友会国術団獅子舞

_dsc6964

チャイナドレスのお姐さんの横浜旗袍朕合会

_dsc6971

横浜旗袍朕合会 袍朕は女性用中国服。もとは満州族の婦人の服装。立襟で右斜め打ち合わせ、裾(すそ)には深くスリットが入る。

_dsc69790

横浜旗袍朕合会の大行列

_dsc6984

広東獅子團 目が赤くと鼻が白く光る光彩の御獅子

_dsc6987_2

勇壮な獅子舞

_dsc6993

普通の獅子舞よりも2~3倍長い胴!の広東獅子舞

_dsc69992

皇帝と皇后の行列

_dsc70010

人力車の皇帝と皇后

_dsc70081

人力車のあとに華麗な皇帝衣装隊

_dsc70121

楊貴妃中国舞踊スタジオ、外国人観光客

_dsc70220

横濱中華学院

_dsc70250

人気者の御獅子

_dsc70290

横濱中華学院の獅子舞と龍舞

_dsc70401

勇壮な龍舞

_dsc70600

横濱中華学院の龍舞

_dsc7074

神戸市立神港橘高等学校龍獅團

_dsc70881

神戸市立神港橘高等学校龍獅團

_dsc71020

神戸市立神港橘高等学校龍獅團の勇壮な龍舞

_dsc71091

横浜芸術学校の子供たち

_dsc71121

優雅な中国舞踊

_dsc71221

一台目のトラック舞台

_dsc71250

一台目のトラックに横浜芸術学校の謝雪梅さんが古筝を演奏していた

_dsc71350

二台目は中国の琴の古筝、古筝は日本の琴と異なり斜めにして演奏している、このトラックが祝舞遊行のしんがり。

_dsc71411

華やかな祝舞遊行見物の帰路は夕闇迫る中華街大通りの善隣門を通り抜け、横浜スタジアムの脇を通り関内駅に向かう。

2019年2月20日 (水)

2019年2月17日大倉山観梅会

 スポーツ紙の見出しは例によって大げさ!46種220本の梅が咲き誇る大倉山観梅・・・日刊スポーツの大倉山観梅会号外見出し・・・だが当日の梅は早咲きの野梅などの白梅が五分咲き程度でヤバイ!、園内の梅は全体的には三分咲きか、淡紅色・紅色・絞り・白と色々な花を咲き分ける人気の「思いのまま」はまだ蕾、萼が緑色で蕾も緑がかって見える緑萼梅は1分咲き程度であった。

Img0070

日刊スポーツ2月16日大倉山観梅会号外より

_dsc73470
2月17日大倉山公園園内マップの⑥ステージ、周囲の白梅はまだ三分咲きかな?

Img0061
2月16、17日大倉山観梅会プログラム、16日は中華街の祝舞遊行と重なったので今年は17日のみの観梅会であった。演奏者・出演者の敬称略。

_dsc7174

1.千鳥の曲 箏本手 末田春紫能、箏替手 塩澤真里緒 尺八 宮澤徹 鈴木寂宇山 

Img0020

会場で配布された港北三曲会の当日のプログラム

_dsc7187

2.花筏 第一箏 網野日佐江 第二筝 永井文琴佐

_dsc7192

3.ことうた~わらべ唄~ 第一箏 永井文琴佐 第二筝 網野日佐江 尺八 鈴木寂宇山 

_dsc7195
4.コンドルは飛んで行く・花祭り 尺八の独奏で昔ヒットした曲の尺八の独奏は珍しくもあり、楽しめた。 尺八 宮澤徹

_dsc7198

5.みだれ 箏本手 塩澤真里緒 箏替手 網野日佐江

_dsc7208

本日の司会者は箏の名手 永井文琴佐

_dsc7204
6.絵日傘によせて 第一箏A 末田春紫能 第一箏B 網野日佐江 第二筝  永井文琴佐 尺八 宮澤徹

_dsc7210

7.春のうた 第一箏 塩澤真里緒 末田春紫能 第二筝 永井文琴佐 尺八 宮澤徹 鈴木寂宇山 これで琴の演奏は終わる、中華街の春節娯楽表演で聞いた中国の琴の古筝とは民族の異なる音色であった。琴は時代劇で見るお姫様、尺八は虚無僧を思い出す。

Img0010_2

当日配布された芸能鑑賞プログラム 日本舞踊

_dsc7220

一 しあわせの花 山吹会

_dsc7224

二 春宴の舞 利扇会

_dsc7228

三 お梅   寛紫郎の会

_dsc7231

四 心重ねて  伊織会

_dsc7238

五 縁舞台   寛紫郎の会

_dsc7245

六 檜   利扇会

_dsc7247

七 恋きづな  寛紫郎の会

正午より始まった芸能鑑賞プログラム・日本舞踊はここまで、この後は13時より二回目の港北三曲会、午後14時より日本舞踊の第二部となる。

冒頭の園内マップ⑧の野点会場で一服の休憩。

_dsc72640

野点の野立ち看板

_dsc7262

高木学園茶道部の野点会場は観梅会の人気スポット

_dsc7253_2

高校生のお点前、熱海梅園の熱海芸妓のお点前と比べれば素人と玄人だが初々しいのが清々しいしい!

_dsc7260

お抹茶とお菓子の饅頭 いっぷく後の茶碗の絵柄は梅の「思いのまま」が咲いていました。園内の「思いのまま」はまだ蕾でJKと同じだろうか?

 

2019年2月19日 (火)

2019横浜中華街・祝舞遊行

 2019年横浜中華街・春節:祝舞遊行は2月16日(土)出発時間は16:00~山下町公園(中華街内)→関帝廟通り→福建路→西門通り→中華街大通り→南門シルクロード→山下町公園。下の春節イベントのCコース中華街全域を春節の一大イベントである祝賀パレードの「祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)」が高下駄を履いた将軍組を先頭にお馴染みの人気者の獅子舞や龍舞、チャイナドレ旗袍(チーパオ)の一団や華やかな皇帝衣装隊、神戸からの高校生の龍舞、初参加の横浜中華芸術学校のトラック2台がパレードした。

Img00312

祝舞遊行は山下町公園を出発して関帝廟通りを時計回りで関帝廟に向かう

_dsc63180_2

4時頃、まだかまだかと関帝廟の石段は見物客で超満員、
今年は関帝廟前の歩道で見物・撮影することにした

_dsc63210

4:13 目の前にけたたましい爆竹が先頭にやって来た、オジサンも耳をふさぐ、道路に爆竹の破片を撒き散らす

_dsc63241

爆竹の破片を掃除するおばさんとオジサン、ビニール袋は爆竹の破片を入れるゴミ袋

_dsc63281

日本横濱中華街将軍會と横濱天后宮の幟

_dsc63350

将軍組の先頭は高下駄の関羽将軍と息子の関平将軍

_dsc63401

関羽将軍

_dsc63411_2

将軍組の殿(しんがり)は媽祖廟で媽祖様をお守りしている「順風耳(じゅんぷうじ)」と「千里眼(せんりがん)」のどちらかの将軍、背後の脚立持ちは高下駄を履いたり脱いだりする時に使用する脚立係

_dsc63760

民族衣装で踊る一団がやってきました!

_dsc63911
二番目の祝舞遊行の先頭は「横浜中華学校校友会国術団」寒い中にお臍を出して舞います、中華街中心のお臍は関帝廟です

_dsc64220
「横浜中華学校校友会国術団」の獅子舞

_dsc64461
「横浜中華学校校友会国術団」の獅子舞

_dsc64571

三番目は横浜旗袍朕合会 旗袍(チーパオ)とはチャイナドレス

_dsc64650

どこかのTVで見た女優に似た人も?

_dsc6487
赤い提灯とお揃いの濃紺の旗袍の一団が続く

_dsc6495
赤い提灯の次は白いショールの一団

_dsc6498

横浜旗袍朕合会は最大人数の行進でした、目の前を行く旗袍の魅力は深いスリット?

_dsc6508
4番目は広東獅子團 前足と後ろ足の間隔が長い

_dsc6516

関帝廟に一礼の後ろ姿

_dsc6527
目と鼻が光る広東獅子舞

_dsc6537

皇帝

_dsc6542_2

皇后

_dsc6546

皇帝衣装隊

_dsc6552
皇帝衣装隊

_dsc6554

楊貴妃中国舞踊スタジオ

_dsc6559

_dsc6568

楊貴妃中国舞踊スタジオ

_dsc6584

横濱中華學院 獅子舞

_dsc6600

横濱中華學院 獅子舞

_dsc6624

横濱中華學院 獅子舞

_dsc6633

横濱中華學院校友会 龍舞

_dsc6646

横濱中華學院校友会 龍舞

_dsc6672

張海輪雑技団 

_dsc6682

神戸市立神港橘高等学校龍獅團

_dsc6707

_dsc6724

_dsc6757

神戸市立神港橘高等学校龍獅團 女子の部

_dsc6796

神戸市立神港橘高等学校龍獅團 女子の部

_dsc6805

神戸市立神港橘高等学校龍獅團 重たい龍頭を持つのはテルテル坊主の先生かな?

_dsc6822

横浜中華芸術学校は今年から初参加

_dsc6843

ひょうきんな孫悟空

_dsc6849

横浜中華芸術学校の一台目のトラック舞台

_dsc6866

 

二台目のトラックは中国の琴の古筝を演奏しながらの行進

 

_dsc6875

二台目のトラックは中国の琴の古筝、校長の謝雪梅先生は関帝廟側の後ろ姿かな?

約30分間の祝舞遊行はこのトラック2輌が祝舞遊行の最終列でした。3時間以上もこの場所に居たので急いでトイレに直行でした。この続きはまたの機会に。

 

 

 

2019年2月12日 (火)

2019年春節娯楽表演

  2019年の春節娯楽表演タイムスケジュール初日であった2月9日は雪と雨の天候で中止となった、二日目の10日(日)は天候に恵まれて晴天の下で山下町公園の特設舞台で賑やかに行われた。2月10日の娯楽表演タイムスケジュール表の一回目は午後14時30分からの開演であったが2時間30分に会場に着いたが既に300あまりの椅子席は満員であった。過去の経験では開演前に二時間半も待ちきれない観客が必ず立ち去ると確信して会場内に入り込んだ。司会者が開演は2時30分からのアナウンスを数回繰り返している内に子供連れの観客が立ち上がり会場を出る素振りが見えたのでイス席に近づいて座席の確保をしたのが開演2時間前であった。周囲の立ち見客も立錐の余地がない程の満席であった。このブログの写真はこんな暇人による知恵と努力で撮影した春節の娯楽表演である。

 

_dsc55081

山下町公園の入口のイルミネーション

Img00411

2月10日14:30~15:30の第一回の見物

Dscn9549

当日の司会者

Dscn9553

撮影位置は舞台前から右側の9列目、昨年は3時間前に来て最前列であったが・・・最初の獅子舞はなんとか撮れた・・・

Dscn9557

お馴染みの横濱中華學院校友会(台湾系)の獅子舞

Dscn9552

台の上で酒壺と戯れる コンデジ500mm撮影

_dsc5885

台からジャンプしておりる躍動的でもある横濱中華學院校友会の獅子舞

Dscn9570

古筝には「雪梅」の銘板が読める、この古筝演奏だけは動画で伝えたい場面でした。二番目の表演は古筝演奏・中国の琴『古筝』は伝統楽器 2018年開校の横浜中華芸術学校は初出演、日本中国両国で活躍中の古筝弾唄家 謝雪梅 (しゃせつばい)は好調に演奏するも中華芸術学校の校長先生
_dsc59431

司会者の紹介によると、謝雪梅 (しゃせつばい)校長は横浜の地とは、非常に縁が深く『第3代横浜観光親善大使』としても活躍、各地で古筝教室を開催しており、後継の育成にも積極的に取り組む、最初は子供たちの舞踊と古箏八台の演奏から開演
_dsc59861

古箏演奏と扇の舞踊、日本の琴は座敷の上で座って演奏するが、演奏する前に舞踊、立ち姿で中国伝統楽器、日本の琴のような古筝を演奏する

_dsc60100

古箏の演奏は4曲、春節の名曲とそのうち2曲は聞き覚えのある日本の「川は流れる」と「夜来香」の演奏であっと言う間の15分間

_dsc5977
古筝の♪美しい音色に寒空の中で心が癒されました

_dsc60161

娯楽表演の三番目はオフィス神技の中国雑技、孫悟空の如意棒のような用心棒を持って登場したのがお馴染みの中国雑技王の張海輪

_dsc60181

中国雑技のオフィス神技・代表・張海輪の変面

_dsc60331

変面の技を見破るためにシャッタースピードを1/2000秒まで上げたが・・・手に持つ用心棒やヤクルトの小傘の動きに気を取られているうちにお面の早替えが進むが変面の技が神技の如し・・・

_dsc60351

手荷物ならぬ手に持つ小道具のヤクルトの応援用の傘?の動きに釣られて変面の極意が見破れず・・・

_dsc60451

くるくると変面の連続技

_dsc60531

客席に降りてきたので見破るチャンスと思ったが???

_dsc60631

近くに来たので横顔狙いで撮ってみても変面の技は???神技か

 

_dsc60851_2

舞台に戻っても???真正面の変面はなさそう、横や下を向いたときにクルリと変面!

_dsc60901

変面の技は最後まで神技だった!最後に素顔を見せた!

_dsc61111

椅子倒立芸の馬建楽、2018年よりオフィス神技の新メンバー

_dsc61631

例年は張海輪のこの技を見てきたが昨年中国から来日した馬建楽は、すぐるとも劣らない倒立芸であった

_dsc61691

中国雑技・変面の張海輪(右)と椅子倒立芸の馬建楽(左)

_dsc6174

 

四番目の最後は全員が女生徒の獅子舞

 

_dsc6193

 

横浜中華学校校友会の二頭の獅子

 

_dsc62241

ヘビを咥えての演技

 

_dsc62601

青葉を食べる緑の獅子

 

_dsc62711

二頭の揃い立ち

_dsc6292

客席にやってきたので頭を噛んでもらいたいと頭をさしだす。無病息災・健康長寿の御利益をいただくためにカメラ毎頭を下げた、獅子は神様の使いと崇められてきたそうですが女性の獅子舞では猶更です。

_dsc63000

獅子にさわるよりも触ってもらう、頭を差し出す女の子見守るお祖母ちゃん、頭が良くなるご利益がありそうな場面。

春節のお馴染みの獅子舞ではじまり、春節娯楽表演イベント初参加の中国の伝統楽器「古筝」の演奏と正月衣装での子供の舞踊。中国雑技王の張海輪のくるくる変わる謎の変面やハラハラドキドキの椅子倒立芸の馬建楽、全員女性の獅子舞が観客席に来た時は噛んで欲しかった。これで第一回目の春節娯楽表演を終わります。

 

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ