カテゴリー「鉄道」の209件の記事

2022年11月16日 (水)

佐久市成知公園C56 101

 佐久市成知公園 C56 101 号車は戸隠森林植物園からの帰路に訪問した長野県内で七両目を数えた。成知公園内の旧中込学校管理室受付の前にある駐車場に車を置いて、屋根付き鍵付き金網フェンスのプラットフォーム付きの保存場所に行くと、管理室受付に申し出ると開錠する文言を見てから係員にフェンス内に入れていただいた。C56 101は佐久鉄道のガソリンカー キホハニ56とともに保存されていた。立派なプラットフォームとともに保守管理状態は良好であった。

撮影日2022年10月18日

_dsc9731

屋根付き金網柵付きプラットフォーム付きでガソリンカーと共存

_dsc9755

安全のため施錠、開錠は旧中込学校管理室受付にお申し出下さい

_dsc9757

受付のスタッフに開錠をお願いして一人で見学の開始

_dsc9759

_dsc9760

プラットフォームには説明・履歴などの看板が多くある

_dsc9763

_dsc9764

_dsc97750

キャビ内部も見学可能

_dsc9777_20221116102801

_dsc97720

_dsc9782

_dsc9783

_dsc97840_20221116103101

1937年3月 三菱重工業神戸造船所製 1973年1月 廃車

_dsc9789

大型スノープロウを付けている

2022年11月13日 (日)

御代田町交通記念館 D51 787

 戸隠森林植物園の帰路における長野県の六両目は御代田町交通記念館 D51 787号車。御代田町立交通記念館に屋根付き、金網柵付きで定期的整備と定期公開をしつつ保存中。保存状態は鉄色の状態になるように油で磨いた最良の状態でした。 

撮影日2022年10月18日

_dsc9697_20221113130401

_dsc9700

_dsc9691_20221113130501

保存会の用具が見える

_dsc9717_20221113130701

金網の中にあるD51 787号車の仕様と履歴

D51787 汽車製造 製造 1971-04-17廃車

_dsc9686

訪問日二日前の日曜日に公開日がありました次回は11月20日

_dsc9720

公開日直後で油で磨いた黒光りの整備状況は今にも走りだす様子

_dsc9688_20221113131701

金網越しのキャビ

_dsc9718

 

_dsc9711_20221113133401

整備状況は最良でした

_dsc9683_20221113132101

_dsc9715

記念館の階段ホームは公開日の観覧席になるのでしょうか

2022年11月12日 (土)

坂城町わんぱく広場公園D51 245

 戸隠森林植物園の帰路に訪問した長野県五両目のSLは坂城町わんぱく広場公園の D51 245 号車、屋根なし低い柵ありの保存されている。

撮影日2022年10月18日

_dsc9652

何か? いつもの蒸気機関車と感じが違いますね!

_dsc9658

ヘッドライトと左の給水温め器カバーが欠損しています。

_dsc9655_20221111125801

屋根なし柵ありの保存です。築山の上から撮り下ろしです。

_dsc9649

テンダーの後照灯も欠損です

_dsc9647

わんぱく広場公園に保存されています

_dsc9661_20221111130901

季節がら落ち葉が積もっていますが塗装などは問題なし

_dsc9663

砲金部分も磨かれています

_dsc9664_20221111131101

色入れも綺麗でした

_dsc9665_20221111131101

キャビは下から覗くように撮影です

_dsc9666_20221111131201

1939-9月:国鉄浜松工場製 1973-7月:廃車

_dsc9682

保守状態は良好、わんぱく広場公園に鎮座していました

2022年11月11日 (金)

長野市豊野公民館SL 9646

 長野市営豊野体育館の隣にある豊野公民館駐車場の道路際に展示保存の蒸気機関車9646は、屋根なし柵なしの露天の最悪な保存環境です。9646号車は塗装剝がれと錆びまみれの無残な姿でくず鉄化していました。
撮影日2022年10月18日
_dsc9619
豊野公民館と豊野体育館などの看板の前に 9646と腕木信号機
_dsc9612
屋根なしの露天、低いロープの縄張りは柵なし同然の策
_dsc9615
_dsc9627
_dsc9628
_dsc9629
_dsc9630
1914年(大正14)12月川崎車輌 製造 1969年10月廃車

_dsc9636

_dsc9640

_dsc9642

赤錆が発生すると金属が脆くなり劣化が早まり破損が加速する。

_dsc9633

_dsc9643

何故か?前面の連結器が外されて右脇に置かれていました

_dsc9644

放置同然の保存状態の9646に反して、この日の信州は秋晴れです。

2022年11月10日 (木)

入門拒否されたJR長野総合車両センター

 入門拒否されたJR長野車両センターのD51486の撮影はは正門の守衛所でデコイチの撮影を願い出たが、JRから守衛所の業務を委託されている警備会社の守衛から入門を拒否された。守衛曰く「JRからSLを撮影する入門者は断るように指示が出ている。」「SLの撮影は正門外の道路に出てから撮影してください」はるばるやってきた機関車好きの老人になんとも冷たい言葉が返ってきた。返す言葉を失い正門の敷地外の歩道からの撮影を試みたがカマの正面ヘッドマークすら撮れない状況でスゴスゴと正門外の場所から撮影を諦めて引き揚げた。

戸隠森林植物園で時期が早すぎたのか10月17日はムギマキの撮影を諦めて、長野県飯山市と須坂市のSL撮影後三両目として、10月18日PM2時に長野市のJR長野総合車輌センター訪れた時のせつないSL撮影記となった。

撮影日2022年10月18日

_dsc9550

JR長野総合車両センター正門前信号の歩道より撮影

_dsc9542

正門横の塀のJR長野総合車両センターの看板

_dsc9548

正門の注意書き

_dsc9543

守衛の指示に従い正門外のデコイチ撮影はナンプレも撮れない

_dsc9547

正門前の道路からの撮影

_dsc9549

正門前の敷地と守衛所前の建物が冷たく脳裏に焼き付く

機関車に郷愁とこれからいつまでも存続を願う鉄ちゃんの願いを踏み倒したJR東日本であった。

2022年11月 9日 (水)

須坂動物園 D51 401

 須坂動物園 D51 401 号機、新潟県境の飯山市から群馬県境の須坂市に移動して臥竜公園の中にある須坂動物園に移動してきたが10月17日は休園日でデコイチの撮影は翌日の10月18日となる。臥竜公園内の須坂市立動物園正面入口右奥に屋根なしの露天で保存していた。屋根がないので雨だれ汚れと浮き錆び・腐食など塗装の劣化が進んでいる。有料200円の動物園内のためキャブ内立入り自由であるが計器類等は美麗で欠損はない。機関士側は白孔雀の前に、助士側はシロフクロウの横にある。

撮影日2022年10月18日

_dsc9554_20221109104201

機関士側はシロクジャクの前あたりに展示保存されている

_dsc9558

屋根なし露天展示で雨だれ汚れが目に付く

_dsc9578

_dsc9580

_dsc9559

_dsc9560

_dsc9561_20221109105401

昭和15年(1940)2月日本車輌製造 昭和48年7月引退

_dsc9564

_dsc9567

_dsc9565

_dsc9566

_dsc9570

_dsc9562_20221109110101

_dsc9584

_dsc9586_20221109110201

助士側はシロフクロウの横

_dsc9599

須坂動物園の人気物シロフクロ

動物園のSLは最初の趣味の野鳥撮影に縁がありました。

2022年11月 8日 (火)

飯山市鉄砲町児童公園 C56 129

 戸隠森林植物園に10月17日にムギマキを撮りに出かけたが時期的にまだ早すぎたのかムギマキの好物のツルマサキの実も熟してまだ赤くなる前でした。午前中まで戸隠森林植物園でウロウロしていましたが午後から野鳥撮影から保存SL撮影に宗旨替えして、長野県飯山市鉄砲町児童公園の C56 129 号車の撮影に向かいました。現地に到着すると大げさに表現すると屑鉄同然の荒廃ぶりに落胆しました。飯山駅近くの小さな鉄砲町児童公園に屋根なし、ネットの柵(出入り自由に見える)付きに放置状態でした。

撮影日2022年10月17日

_dsc9490

鉄砲町児童公園のほぼ前景の線路沿いに保存されている

_dsc9498

_dsc9500_20221108164301

_dsc9494

_dsc9495

_dsc9497

_dsc9503

_dsc9508

_dsc9506_20221108164501

_dsc9505

_dsc9518_20221108164601

_dsc9493

昭和13年2月日立製作所製造 地元の飯山機関区所属で20年余り活躍して昭和47年10月に引退した。この地域の客貨輸送の功労車の扱いが惨めすぎます。

今日からPCをLIFEBOOK AHSeriesに買い換えましたがまだブログや写真の編集に戸惑っていますがPC作業がサクサク進むので大変楽になりました。

 

2022年11月 7日 (月)

那智勝浦町築地公園 C57 119

 和歌山県のSL探訪7輌目は那智勝浦町築地公園の C57 119 号車、紀伊勝浦駅の線路沿いに屋根付き鉄柵付きで保存。ボランティアさん定期的な保存活動により良好な状態にあるようです。

撮影日2022年10月8日

_dsc9458-2

黒光りするSLを撮るには金網の目に一眼レフカメラが入りません

_dsc9460-2

公園内にはトイレがないようです

_dsc9463-2

キャビのナンバープレートがありません
1944年1月 川崎車輛 製造
1974年3月 廃車

_dsc9464-3

逆光の後尾をかなり明るく補正しましたが金網に阻まれる

_dsc9467-2_20221105093201

SLの履歴などの説明板かな?

_dsc9468-2

SLの説明板ではありません、公園使用の注意書きでした

_dsc9469-2

金網越しにピントをSLに焦点の撮影

_dsc9471-2

一眼レフを金網に近づけての構図になりました

_dsc9475_20221105093401

_dsc9481-2

那智勝浦町築地公園のC58353号車でした。

 

 

 

2022年11月 6日 (日)

新宮市あけぼの児童公園 C11 96

 昨日は地元の日産スタジアムが本拠地のJ1横浜FMが三年振り5回目の優勝❣を最終戦で勝ち取りました。プロ野球はセ・リーグ2位だったがサッカーは強かった!
今回もSL保存地巡りの続きです。和歌山県のSL六両目は新宮市あけぼの児童公園のC11 96号車、近くまで来たが機関車のある公園が見つからず、立ち寄ったコンビニで尋ねるとそこから50m位の近所であった。団地内の小さな児童公園で屋根付き低い木柵はキャビ内まで出入り自由な構造。機関車の上で遊んでいた児童に公園の名前を尋ねたら彼らは機関車公園と呼んでいたが保存状態は最悪で荒廃して彼らの秘密基地になっていた。

撮影日2022年10月8日

_dsc9457-2

コンビニから向かった小さな児童公園の手前の線路跡の道路に埋め込まれていた(かっての引き込み線の跡地?)素敵な説明板を見てSLの現況を期待したが・・・

_dsc9440

目に入ったのは後照灯の欠損とボロボロに荒廃_dsc9442-2

機関車の上に5,6人の子供が遊んでいたがカメラを向けると叱られると思ったのが全員が直ぐ降りてしまった。子供たちには注意書きは無視されている。

_dsc9443

ナンプレと川崎車輛が目立つ、ドームやキャビの上で子供が遊ぶ

_dsc9444

荒廃が目立つばかりで全く十数年も整備とは無縁の存在

_dsc9451-2

キャビ内もこの有様

_dsc9448-2

1936年6月川崎車輛 製造 1972年9月 廃車

_dsc9455-2

後方右の滑り台で遊んでいる児童がSLの上に乗って鬼ごっこ?して遊んでいた。「新宮市美化条例」は きれいなまちにしよう!とあるがこのSLはボロボロの荒廃状態で公園の美化とは真逆の状態でした。

かっては白い蒸気を噴き上げ、もくもくと黒い煙を吐き、爽快な汽笛を鳴らし、力強く走る雄姿を誇りとした蒸気機関車の成れの果てのように思うと役所や管理部署の扱いがあまりにも情けないと憤りを感じます。

 

2022年11月 5日 (土)

田辺市会津児童公園 C57 7

 和歌山県のSL五両目は田辺市会津児童公園のC57 7号車は屋根付き・鉄柵付きで保存中、保存会が存在するので保存状態は良好でした。

撮影日2022年10月8日

_dsc9416-2

屋根あり鉄柵ありで保存「さよなら SL 南紀号」ヘッドマーク付

_dsc9420-2

説明板によると昭和48年(1973)9月9日「臨時急行SL南紀号」のヘッドマークをつけて田辺ー和歌山間を「さよなら」の汽笛をならしながら走りました。

_dsc9422-2

_dsc9421-2

_dsc9410-2

_dsc9413-2

_dsc9414

_dsc9423-2

_dsc9424-2

_dsc9425-2

_dsc9426-2

1937年7月川崎車輛 製造1973年11月 廃車

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト