カテゴリー「温泉」の32件の記事

2022年11月 3日 (木)

大江戸温泉物語鹿教湯藤館

 岐阜県の下呂温泉水明館の温泉を満喫した翌日の二泊目は長野県上田市鹿教(かけゆ)湯温泉の大江戸温泉物語・鹿教湯・藤館へ孫の運転で移動です。
大江戸温泉物語は今年の8月に新玉川温泉の翌日に「鳴子温泉大江戸温泉物語ますや」に今回と同じ家族で投宿していますので大江戸温泉物語の温泉は今回で二泊目となります。

撮影日10月25、26日

Img006-2_20221102210701

鹿教湯温泉観光協会・旅館組合の信州鹿教湯温泉MAPの一部分

_dsc9989-3

鹿教湯温泉の玄関ポーチ入口は二枚の幟が迎える

_dsc9991-3

フロントまでの玄関ポーチに鹿教湯温泉の物語鹿の出迎え

_dsc9993-2

大江戸温泉物語鹿湯温泉藤館のフロント

_dsc9992-2

フロントの隣はお土産の売り場

 

Img004

フロントは五階、部屋は8階左奥角六名部屋に5人で宿泊

Img005-2_20221102210901

内湯も露天風呂も入れ替え制、まずは野天風呂の薬師の湯へ

Dscn1410-5
鹿教湯温泉の効能 高血圧症・動脈硬化・脳卒中の後遺症・慢性関節リューマチ・慢性筋肉リューマチ・神経痛・骨及び関節等の運動障害及び疲労回復

Dscn1412-2

男性の薬師の湯は14:00-21:50で文殊の湯と入れ替え

_dsc9996-2_20221102230001

本館五階フロント前のバイキングレストランで7時から90分間

_dsc9997-2_20221102230001

伊東園ホテルと同じようなバイキング形式の夕食

_dsc9994-2

寿司・香の物・刺身・温かい茶碗蒸と生ビールの夕食、家族は40分間待つ釜飯を夕食に選ぶ。生ビールは伊東園ホテルは飲み放題が売り物でいつも4~5杯飲んでいたが大江戸温泉物語は有料制、一杯で満足出来ず飲み放題を選択して4杯以上飲むと一杯の料金の4倍以下となり元がとれた気分になる。25歳から飲み始めたビール一筋で57年の歳月が流れ、腹は見苦しい太鼓腹となってしまった。

Dscn1418

長寿の湯(男湯)2時~深夜12時、翌朝5時~10時

Dscn1416

本館二階の大浴場 長寿の湯は湯けむりしか撮れませんでした

Dscn1421-2

野天風呂は22時に男女が入れ替わり男性は大野天風呂の文殊の湯

Dscn1423-3

深夜の大野天風呂 文殊の湯

Dscn1426-2

深夜の大野天風呂 文殊の湯

Dscn1441-2_20221103092901

朝の内湯 大浴場 福の湯

Dscn1443-2

大浴場 福の湯 湯口の温度は42度

_dsc0002-2

朝食も夕食と同じバイキングレストランで和食の朝めし

Dscn1447-2

チェックアウトは11時、朝食後に大野天風呂の文殊の湯へ

Dscn1450

大野天風呂 文殊の温泉湯口

Dscn1456-2

野天風呂から本館に戻る途中に休憩処平成庵の池を一廻り

_dsc0010-2_20221103102601

10時過ぎに鹿教湯藤館を後にして美ヶ原高原美術館に向かう

 

 

 

 

2022年11月 2日 (水)

岐阜県下呂温泉 水明館

 岐阜県 下呂温泉 水明館 に10月24,25日に横浜から三回のT休憩と昼食をとりながら6時間余、孫のドライブで家族と下呂温泉に行って来ました。草津・有馬と並び、日本三名泉の一つ下呂温泉は歴史を紐解くと、延喜年間(西暦901~923年)に発見され、万病を治す名湯として、江戸時代には年間3万人もの湯治客に利用されたと伝えられています。この水明館は、2022年プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で総合第三位に評価された温泉旅館です。
第1位 八幡屋(福島県/母畑温泉)

第2位 加賀屋(石川県/和倉温泉)

第3位 水明館(岐阜県/下呂温泉)

第4位 白玉の湯 泉慶・華鳳(新潟県/月岡温泉)

第5位 稲取銀水荘(静岡県/稲取温泉)

温泉イメージ


臨川閣3階 温泉大浴場 「下留の湯」

Img001-4_20221102111501

山水閣、飛泉閣、臨川閣のそれぞれの館に大浴場があり、どの館にご宿泊されても3ヶ所ともご利用いただくことが出来ます。また、展望大浴場は24時間ご利用いただけ、一部の客室では、温泉を源泉のまま引き込んでおりますので、お部屋でもご堪能いただけます。

下呂温泉の泉質は『アルカリ性単純泉』で、適度な濃度とアルカリ性のため自然の石鹸効果があり、ツルツルしたなめらかな肌触りが特徴で、湯上りの爽快感は格別です。無色透明でほんのり硫黄を含んだ湯の香りです。水明館公式HPより

撮影日10月24,25日

_dsc9958-2_20221102123701

水明館 山水閣の玄関に15時に到着

_dsc9973-2

水明館フロント(夜中の撮影)

_dsc9972-2

フロントロビー

_dsc9962-2_20221102123901

山水閣三階 314号室

Dscn1378-2

山水閣1階の大浴場

Dscn1379-2

Dscn1381

山水閣1階の野天風呂 龍神の湯

Img003-2_20221102124201

夕食は19時から

_dsc9964-2

夕食は前菜から

Img002-3_20221102124302

 

夕食の献立表

Dscn1388-2
Dscn1393-2
Dscn1390-3
臨川閣三階 大浴場「下留の湯」
Dscn1406-3
朝風呂は山水閣一階
Dscn1408-2
Dscn1407-3
野天風呂 龍神の湯

Dscn1405-2
朝食はバイキングで和食をチョイス
_dsc9982-2
最後の温泉は・・・
_dsc9981-2
山水閣314号室 浴室の源泉

2022年9月24日 (土)

せせらぎの湯と白骨温泉泡の湯

 乗鞍高原せせらぎの湯と白骨温泉泡の湯、タカ見の広場に登坂した9月15,16日の二日間は、午後二時半に撮影を切り上げて、せらぎの湯に直行しました。この無料の露天風呂は乗鞍岳の中腹から自然湧出している乳白色の温泉です。効能は
神経痛・筋肉痛・関節痛・疲労回復などです。登坂でパンパンに腫れたふくらはぎと疲れ切った大腿や重荷が食い込んだ肩などを白い乳白色の湯に、せせらぎの音を聞きながら、心身共に癒すことが出来ました。三日目の17日は乗鞍高原フォト散歩の後は昨年は定休日だった泡の湯立ち寄り湯の混浴へ初体験です。

撮影日9月16日

_dsc8386

「乗鞍高原せせらぎの湯」バス停左側の空き地に車を停めて温泉へ

_dsc8387

せせらぎの湯

_dsc8388_20220923190001

せせらぎの湯入口の注意書き

_dsc8389

コロナの注意や適応症などの表示と左が女湯、右側が男湯

_dsc8390_20220923190001

風呂桶が3つで湯船は大きくはありません。3人が一度に入浴すればいっぱいになります。無人の露天風呂に一人で満喫です。

_dsc8397

湯口には湯の花が付着して真っ白でしたが温泉は透明でした

_dsc8392_20220923190201

泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)。昨年休日だった白骨温泉泡の湯露天風呂と同じように見えます。

_dsc8402

入浴後はススキの砂利道をバス停の空き地に停めた車に戻ります

三日目は乗鞍高原をフォト散歩後に白骨温泉泡の湯立ち寄り湯へ

_dsc8533_20220923213601

乗鞍高原観光センター駐車場から白骨温泉泡の湯に向かう

_dsc8536-2

トンネルの手前に道案内、1km毎にこのような看板あり

 

_dsc8548

9月17日 泡の湯本館

_dsc8549

泡の湯玄関

_dsc8551-2

泡の湯フロント

_dsc8552_20220923214301

営業日の9月17日 泡の湯日帰り入浴は本館右手の入口へ

_dsc9749_20210922145801_20220923214901

2021年9月の定休日に道路から撮影した泡の湯露天風呂

_dsc8538

外来ご入浴入口10時半の開場30分前から並んで10番目でした

_dsc8540-2

入浴料1000円と体温測定の受付、持込禁止でカメラはここまで

_dsc8541-2

新・泡の湯源泉の案内図のトリム

_dsc8542-3

_dsc8542-4

成分と適応症

Awanoyu2

泡の湯三本滝の露天風呂(泡の湯HPより)10時半から露天風呂へ、男女別の露天入口から老若男女問わず次から次とぬるい白濁の♨に入る、男性30~35名位、女性は夫婦で来られたご婦人が15名~20名位と数人の女性同士の若者、ざっと50名の露天風呂の混浴。思ったよりもぬるま湯で30分以上も肩まで浸かり、内湯の源泉で温めて12時まで、一時間半も温泉から出たり入ったりして癒す。

_dsc8574_20220923215701

昼飯は番所大滝の近くにあるそば処、合掌へ

_dsc8571_20220923215801

昨年と同じ手打ちの十割そばを注文

_dsc8576-2

店内に掲示してある番所蕎麦が出来るまで

_dsc8581_20220923215901

15分も待つと手打ちの十割そばを満喫して乗鞍高原に戻る

2022年8月30日 (火)

三日目は会津芦ノ牧温泉大川荘

 東北温泉旅行の三泊目は会津芦ノ牧温泉大川荘、入館するとロビーの浮き舞台では三味線の生演奏で出迎えは粋なはからい。大川に臨む絶景の露天風呂と懐石料理が楽しみな老舗旅館。

撮影日8月25~26日

Img005-2_20220829123101

こころ潤す、渓谷の宿 芦ノ牧温泉大川荘パンフより写真を転載 

_dsc8285-2

PM3時チェックイン予定が2時間遅刻の5時過ぎのチェックイン

_dsc8287-2

16-18時はロビーの浮き舞台で三味線の生演奏でお出迎え

_dsc8289-2

4月に予約の長早割のプラン、月見亭スタンダード12畳の純和風

Dscn1328-2

7時半からの懐石料理の前にたな田風の絶景露天風呂と大浴場へ

Dscn1338-2

内湯の大浴場

Dscn1333-2

たな田風にだんだんに配置した湯船から翌朝の絶景が見もの
Dscn1341-2
サウナの「陽だまり」は岩塩を用いたピンクソルトサウナ

_dsc8305-2

2階食堂のこだわり目標五ヶ条

_dsc8304

前菜と御造りと冷し鉢が用意されて、まずは生ビールを注文

Img004-2_20220829132001

大川荘総料理長の御献立・メインは魚か肉、全員肉をチョイス      

_dsc8317-2

翌朝は5時半の一番に四季舞台たな田の大浴場と露天風呂へ

Dscn1344-2

大浴場

Dscn1345-2

大浴場

Dscn1346-2

源泉かけ流し、3段のたな田風湯船の絶景露天風呂

Dscn1347-2

棚田風に「だんだん」に配置した湯船、檜造りの屋根から香る木の香り。目前に広がる渓谷の大パノラマ、自然を五感で感じながら楽しむ。

Dscn1351-2

ピンクソルトのサウナ「陽だまり」

Dscn1363-2

翌朝5時半~9時に空中露天風呂が一般の時間

Dscn1365-2

空中露天風呂は123段の階段を降りる(下り階段を見上げる)

Dscn1357-2_20220830100001

窓の右側に見える簾が空中露天風呂

Dscn1359-2

崖の上にせり出した空中露天風呂は簾で目隠しされていた

Dscn1360-3

湯船の中で簾(すだれ)の下から覗かないと渓谷美は見えない

Dscn1355-2

空中露天風呂の上に在る休憩室からの風景

Dscn1356-2

目前に自然が広がる空中露天風呂の休憩室からの抜群の景色

_dsc8311-2_20220829133301

入浴後は7時半から2Fバイキング会場へ(自分のセレクト朝食)

_dsc8312-2

朝のロビー

_dsc8313-2

お土産の入口

Dscn1369-2

渡って来た橋を左折して会津若松城方面へ観光見物、行き先は白虎隊が自刃した飯盛山へ

2022年8月28日 (日)

大江戸温泉物語鳴子温泉ますや

 日本の山岳温泉リゾートの新玉川温泉の翌日は秋田県から約180km南下して宮城県へ、ドライバーは娘の子供(19歳の孫)に往復ともお任せです。鳴子温泉郷の山河を一望できると言われる大浴場と露天風呂の温泉宿。鳴子温泉大江戸温泉物語ますやに老夫婦と娘と孫二人の五人で温泉宿泊です。

撮影日8月24~25日

_dsc8229-2

大江戸温泉物語鳴子温泉ますや

_dsc8228_20220828094301

こけしの看板がお出迎え 前方右手3軒目は公衆浴場滝の湯

_dsc8231-3

駐車場が狭いので大江戸温泉物語鳴子温泉幸雲閣へ車を廻す

Img003-2_20220828113001

宿の鳴子温泉ますやから約1kmの幸雲閣の駐車場に駐車する

_dsc8232-2

鳴子温泉ますや フロント周り

Dscn1314-3

温泉三昧のはじまり、到着時は男湯は天翔大浴場・釜風呂 全11種類の天然生薬100%配合した萬翠泉と呼ばれる薬湯風呂です。身体の芯まで温まるので冷え性でお悩みの方にオススメ。※温泉ではありません。
この日の「天翔の湯」は撮影機会が(´;ω;`)ウッ…ありませんでした。
「天馬の湯」大浴場・露天風呂
15:00~24:00(女性) / 5:00~10:00(男性)

「天翔の湯」大浴場・露天風呂
15:00~24:00(男性) / 5:00~10:00(女性)

Dscn1313-2

泉質:含硫黄ーナトリウム・塩化物・硫酸塩泉 
(低張性弱アルカリ性高温泉)

効能:冷え性・きりきず・末梢神経障害・糖尿病・疲労回復・健康増進・皮膚乾燥症など

Dscn1316-2

翌朝の男湯は天馬の湯 大浴場に朝一番風呂

Dscn1309-2

天馬大浴場

Dscn1310-2

大浴場 まだ鳴子温泉街は薄暗い

Dscn1307-2

天馬の展望露天風呂

Dscn1308-2

天馬の展望露天風呂

Dscn1319-2

展望露天風呂からの町並を一望できる

Dscn1318-2

展望露天風呂からの町並みの景観

_dsc8234-2

翌朝は鳴子温泉ますやから徒歩1分の公衆浴場の滝の湯(ますやで入浴券をもらえます)午前7時から開場 撮影は開湯時間前

鳴子温泉神社の御神湯として千年の歴史を持つ古湯で、地域の人々から旅行者まで、たくさんの人から親しまれている公衆浴場です。白濁したお湯と板張りの浴槽で、昔ながらの懐かしい雰囲気が漂っています。入浴料200円(公衆浴場滝の湯HP)

_dsc8250

鳴子温泉神社の参道入口の角に在る滝之湯

_dsc8236-2

泉質:含硫黄・ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄-硫酸塩泉 低張性酸性高温泉

_dsc8245_20220828102101

男湯を鳴子温泉神社参道から滝之湯の窓から開湯前の男湯

_dsc8261-2

滝の湯 男湯

_dsc8244-2

鳴子温泉神社の鳥居から滝之湯と鳴子温泉ますやの方向

大江戸温泉物語鳴子温泉ますやの食事は夕食・朝食ともバイキング料理、夕食の生ビールの飲み放題は一人1500円、3杯以上飲むとジョッキー単品620円の注文より割安感がある。伊東園ホテルの飲み放題とは一番異なるシステムでした。

2022年8月27日 (土)

初めての新玉川温泉

 初めての新玉川温泉の入浴、世界でもめずらしい塩酸を主成分とした玉川の湯は、ペーハー pH1.2 日本一の強酸性温泉です。

いきなり源泉100%の湯に入った瞬間に、水戸の黄門様は”ピリピリ、ヒリヒリ”すると悲鳴をあげました。秋田の地主様は大声で”痛い痛い”と痛み浸透(心頭)でした。14種類の浴槽は源泉100%以外の源泉50%はなんとか入浴しました。新玉川温泉で新体験の楽しいが辛いこともある温泉浴でした。

Img001-2_20220827110001

新玉川温泉pH1.2の源泉100%、予約センターのパンフ

撮影日2022年8月23~24日

Dscn1263-2

世界の奇跡 癒 これから奇跡の癒やしの軌跡の始まりです

Dscn1266-2

Dscn1267-2_20220827133501

Dscn1249-2

真夜中の源泉100%

Dscn1248-2

真夜中のあつ湯50%と源泉50%

Dscn1257-2

真夜中の源泉50%の気泡湯とぬる湯

Dscn1251-2

箱蒸し湯三つ 翌朝の一番風呂で、丸坊主の人が顔を出していると悪い冗談がのぼせ上ります、罪人のさらし首と見間違い、勘違いをおこします。

Dscn1250-2

真夜中の湯かけ湯と座り湯、左は歩行湯

Dscn1252-2

真夜中の歩行浴

Dscn1253-2

左から頭浸浴・真ん中は蒸気浴・右は飲泉

Dscn1254-2

飲泉コーナーの源泉・水と飲泉方法の説明書き、説明書きでは温泉を5倍の水で希釈するところを昔の江戸っ子気質はいきなり温泉水を希釈せず口に含むと、飛び上がる程の塩辛さで吐き出すが手遅れ!舌がバカになった。水でうがいしたが暫くは麻痺状態!新玉川温泉の温泉の飲泉は桑原、桑原さん!

新玉川温泉の飲泉方法は、浴場内では源泉を2倍に希釈した温泉水を提供しています。備えつけのコップに温泉水を少量入れ、水で5倍~8倍に薄めて時間をかけてゆっくりと飲用してください。飲用後は歯の保護のため必ずうがいをしてください。

Img001-3_20220827141801

新玉川温泉の露天風呂パンフレット

Dscn1243-3

真夜中の野天風呂

Dscn1297-2

翌朝一番の野天風呂

Dscn1299-2

野天風呂 誰も居ない早朝の撮影時間でも数分で人が来ます

Dscn1274-2

かけ湯

Dscn1275-2

洗面化粧台金具の青錆び

Dscn1277

撮影日8月24日AM7時 予約制の屋内岩盤浴

Dscn1285-2

20年分の源泉由来成分がしみ込む御影石を使用し、熱源に源泉を使用した屋内岩盤浴。

Dscn1291-2

翌朝七時に一番に予約した屋内岩盤浴は奥の7番にゴザを敷いて50分間の黙浴、とは言っても14か所の岩盤浴に只一人、黙浴と言っても喋る相手が居なかった。

Dscn1294-2

二人の温泉むすめ おはよう と挨拶しても娘たちに無視された

_dsc8218

朝食後のチェックアウト後は、新玉川温泉から隣の玉川温泉へ

Img002-4_20220827141301

自然探勝路を散歩

_dsc8202_20220827135701

_dsc8203

_dsc8205

_dsc8211_20220827135901

大きな北投石

_dsc8210-2

北投石の説明

_dsc8226

最後は駐車場から焼山の白煙を撮り玉川温泉を後にして二日目の温泉は鳴子温泉に向かう。

2022年6月14日 (火)

熱海温泉伊東園ホテル熱海館

 熱海温泉伊東園ホテルズ熱海館は熱海駅から2,3分の交通至便な温泉ホテルで新幹線で新横浜駅から熱海駅まで30分弱、熱海駅から徒歩2~3分の至近距離にあり、特別天然記念物の「北投石」を使用した温泉と岩盤浴が売りの温泉宿であったが、コロナで看板の岩盤浴が休止している。今年は1月8日に家族で宿泊しているので6月11,12日の土日の宿泊は娘親子と家族の6人で今年2回目となる。コロナ禍になってからはこの熱海館売りの岩盤浴とサウナは休止しているが近場の熱海温泉として2012年から10年間に10回程家族で来ている温泉宿であります。

撮影日6月11,12日

_dsc6978-2

新幹線熱海駅の下りホームのガラス越しに熱海館が見える、熱海館までは熱海駅駅前出口から熱海館までは新幹線ホーム長さよりも短い距離にある。

_dsc6842-2

ラスカ熱海のJR熱海駅出入口

_dsc6841-2

ラスカ熱海に沿って平和通りへ

_dsc6843-2

伊東園ホテル熱海館の看板の下を通り

_dsc6848-3

平和通り入口前の軽便鉄道

_dsc6850-2

平和通りの午後13時頃の人通り

_dsc6854-2_20220614125301

熱海館の手前にある手湯「福々の湯」

_dsc6855

熱海館入口チェックインは3時から、それまで時間つぶし

_dsc6856-2

來る度に昼食をとる磯寿司、熱海館前の寿司店は毎回30分待ち

_dsc6859-2

家族6人旅の昼飯はそれぞれ好みの寿司、自分は生ビールと握り

_dsc6908-2_20220614150801

食後は熱海館の入口でコロナ対応の検温とアルコール消毒

_dsc6901-2

受付のフロント

_dsc6902-2

いつものように柳葉敏郎の出迎えで自分のサイズの浴衣選び

_dsc6915-2

本館エレベーター前

_dsc6913-2

エレベーター内、マスク着用と手指の消毒

_dsc6914-2

エレベーター内の消毒アルコールの設置

_dsc6890-2

別館3階の大浴場、本館地下1階は岩盤浴休止中でこちらが人気

_dsc6886-2

_dsc6887-2

_dsc6878_20220614154701

脱衣場

_dsc6885

洗い場の一部

_dsc6870-2

別館大浴場

_dsc6873-2

大浴場の湯口

_dsc6872-2

サウナはコロナ禍で休止中

_dsc6871-3

水風呂も空っぽ

温泉はAM6:00-10:00 PM15:00-24:00

早朝5時起きで6:00開場前の大浴場の写真撮影でした。中国・四国の日本100名城とSL訪問旅ブログの合間に熱海温泉でした。

 

 

 

2022年4月24日 (日)

名物女将の四万やまぐち館

 四万温泉は今回で四度目となります。2006年6月からのブログを始める前に法師温泉の帰路に創業元禄七年の積善館登録文化財の山荘に夫婦で宿泊、2020年8月17日に千と千尋の神隠しの神隠しの舞台となった噂の時に積善館佳松亭に娘夫婦と孫と宿泊、2021年11月2日は伊東園ホテルズ四万に宿泊している。今回の四度目の四万温泉は、世田谷自然食品のテレビCM、味噌汁に出演していた名物女将の実像を見たさに「四万やまぐち館」に決めたようです。
「四万やまぐち館」のオフィシャルサイトによると、古くより湯治場として栄えてきた四万温泉は、胃腸病、リュウマチ、運動器障害、創傷等の効能があり、四万(よんまん)の病に効く温泉ということから、四万温泉と名付けられたとも言われます。現在では美肌の湯としてもしられています。日本の温泉調査(トリチュウム試験)で四万温泉は60年以上もの時を経てわき出ていることが分かりました。これはたった今湧き出ている温泉は60年以上前に降った雨が温泉となって湧き出ていると云う事です。たっぷりミネラルを含んだこの温泉は今や美肌の湯と呼ばれるようになりました。

 

_dsc3722-2

右端の道路は四万やまぐち館玄関へ、川沿いの道はやまぐち館への搬入通路、四万やまぐち館は、清流四万川のほとりに建つ渓谷の宿です。

_dsc3652-2

四万やまぐち館玄関、チェックイン時間の15時頃には玄関前の駐車場は平日にも関わらず大混雑していましたので帳場前でかなり待たされました。早めの到着が宜しいようです。

_dsc3647-2

四万やまぐち館帳場(フロント)コロナ禍の平日にも関わらず、かなりのお客がチェックインの順番待ちしていました。

_dsc3656-2

七階建ての最上階、7階716号室 窓際に掘り炬燵、部屋から望む四万川と対岸の自然林は全ての和室から四万川を眺める事ができます。まずは温泉へ直行です。

Dscn1060-2

温泉そのものを、尊い神仏のように考え、温泉薬師様(薬師浄瑠璃如来)をお祀りしております。

Dscn1054-2

檜大浴場、手前はぬるめの湯 奥に高めの湯 右に温泉薬師

Dscn1056-2

温泉薬師如来像、昭和61年樹齢800年のくすの木の大木から生まれた温泉薬師様

Dscn1063-2

やまぐち館 -温泉データより

【泉質】硫酸塩温泉
【温度】50度~58度
【効能】皮膚の再生、傷の回復、あせも、湿疹、関節・筋肉の痛み、胃腸病・婦人病・体力回復 など

Dscn1064-2

飲泉 胃腸病に効くらしいが胃腸が丈夫なのでここはスルー

Dscn1066-2

7時からの夕食前に渓流露天風呂の四万川の湯(空いている時間)

Dscn1071-2

夕食は遅番の七時から、この時間帯は人気がありません

Dscn1073-2

19時30分から女性用に替わります、19時の夕食前に入浴

Dscn1070-2

夕食前に渓流露天風呂で四万川のせせらぎを背に一風呂浴びましたImg001-3_20220423085101

19時からの夕食 献立表

_dsc3676-2

夕食に生ビールを注文しましたが食事中に女将さんの紙芝居が始まるので写真を撮りに席を離れました

_dsc3688

19時30分から恒例の女将さんの紙芝居前の挨拶

_dsc3692-2

女将さんの紙芝居の始まり

_dsc3698

女将さんの紙芝居はマイクで、紙芝居は黒子がめくる、このために6時からの夕食時間が人気で取れずに7時になった、チェックインは早めが良いようです。

Dscn1087-2

早朝5時の檜大浴場の格子戸の中に温泉薬師如来を祀る

Dscn1085-2

昭和61年、樹齢800年のくすの木の大木から生まれた温泉薬師様

_dsc3707-2

朝食時間の選定は7時と8時で遅い方の8時にする

Dscn1082-2

「南無妙法蓮華経」のお題目を刻んだ周囲25mの大岩が目を引く大露天風呂。浴槽は内湯から露天風呂まで四万川に沿って作られています。露天風呂は時間帯によって、男女が入れ替わります。翌朝9時の終了10分前にお客がいない時間帯に入浴してお題目の「南無妙法蓮華経」を撮影する。
【男性のご利用時間】午後7時30分~翌朝9時
【女性のご利用時間】正午~午後7時

お題目露天風呂から四万川対岸の蝉鳴きの滝を撮影

Dscn1095

奥の大岩にお題目の南無妙法蓮華経が見える

Dscn1096-2

大岩に刻まれた南無妙法蓮華経を唱えて撮影

Dscn1100-3

昔、この地に大雨が降るとしばしば四万川があふれ、付近の家や橋は流されて居りました。しかし、この大岩のおかげで川の流れは変わり、やまぐち館は無事に今日を迎えております。感謝の気持ちを込め、この大岩にお題目を彫らせていただきました。(四万やまぐち館オフィシャルサイトより)

 

_dsc3709-2

朝十時の玄関前の駐車場チェックアウトは11時です

3回目のワクチン接種証明書持参で一人5000円の県民割引の適用でした(宿泊料金により最高5000円)。但し3回目の接種から2週間経過後に有効で孫は一週間早く適用外でした。この割引もGW期間中は適用されません。家内のやまぐち館の総合評価は4・5でした。

帰宅後の22日7時に下記のメールが届きました。

高久健様 

この度は、ご宿泊いただき誠にありがとうございました。 

やまぐち館でのご滞在をお楽しみいただけましたでしょうか。

また、皆様ご無事にお帰りになられましたでしょうか。 

今後も安心しておくつろぎいただくために、サービスの向上に努めておりますが、

ご宿泊中で、お気付きの点などがございましたらお聞かせ願えればと存じます。

至らぬ宿ではございますが、これからも何卒宜しくお願い致します。 

またのお越しを心よりお待ち申し上げております。 

群馬県 四万温泉 やまぐち館

〒377-0601

群馬県吾妻郡中之条町大字四万3876-1

Tel 0279-64-2011  Fax 0279-64-2874

宿泊予約係り直通 0120-64-2077 (午前9時から午後8時)

四万やまぐち館 宿泊予約係

 

2022年2月18日 (金)

伊豆赤沢DHC赤沢温泉ホテル

 夫婦ともども2月10日に三度目のワクチン接種したので正月以来の2度目の温泉旅行に行ってきました。伊豆赤沢の赤沢温泉郷のDHCがプロデュースする伊豆赤沢温泉ホテルで上の娘夫婦を含めて家族6人で宿泊してきました。この日は昼食後に娘夫婦の地元を観光後に午後三時過ぎにチェックイン。宿泊者も入浴できる隣の赤沢日帰り温泉館へは長い通路を渡り見学してきました。四階建て全棟が日帰り温泉館の4階の海と空と温泉の一体感が満喫出来そうな展望露天風呂と3階の眺望露天風呂を見学してきました。露天風呂は平日にも関わらずかなりのお客さんが入っていたので写真は撮らず仕舞いです。休憩場所の畳敷き大広間の客のいないスペースと清掃中の貸切風呂を写して宿泊する赤沢温泉ホテルに戻り夕食前に早速の赤沢温泉三昧を満喫しました。(写真30枚 100Kb×30枚=3Mb)

2022年2月15~16日

_dsc2874-2

七階建ての赤沢温泉ホテル、右に日帰り専門の赤沢日帰り温泉館

_dsc2875

右隣は10:00~22:00営業 赤沢日帰り温泉館

_dsc2780-2

赤沢温泉ホテル7階スタンダードツイン客室 716号室

_dsc2777-2

7F客室の下に見えるのはホテル前の坂を下りると漁港の堤防

Dscn0997-2

7階の客室から直ぐの7F「天穹の湯」 屋上展望露天風呂

Dscn0996

7階 屋上展望露天風呂 天穹の湯

Dscn0999

3階 檜風呂 誰もいない内湯とジャグジーでのんびり長湯

Dscn1001

3F檜風呂入浴時には誰もいなかった檜風呂と露天風呂、男湯は翌朝5時に岩風呂と入れ替るのことになっている。

夕食までは温泉三昧、海の幸が待ち遠しく楽しみな夕食の時間

Img013-2_20220217142601

海の幸膳 メニュー 温泉は黙浴、食事は黙食のコロナ対応

_dsc2781-2

先付け 鮟肝ポン酢など珍味も有る先付け七品

_dsc2824-2

DHCビール3種飲み比べセットを注文成年男性はビールで乾杯

_dsc2789-2

近海鮮魚の盛り合わせ・あしらい一式・金銀水引は特別な計らい

_dsc2790-3

近海鮮魚の盛り合わせ金銀の水引はホテルから娘夫婦への御祝儀

_dsc2795-2

三品目の蒸物は茶碗蒸し、三杯目のビールはセッションIPA

_dsc2796-2

四品目の強魚は金目鯛の煮付け

_dsc2798-2

ご飯は、駿河ご飯又は信州蕎麦、ソバ好きはこちらを選択

_dsc2800

翌朝5時起床して3Fの岩風呂へ内風呂の大浴場

_dsc2801

朝5時の岩風呂露天をストロボ撮影

_dsc2803

午前5時は真っ暗の岩風呂露天をフラッシュ撮影

_dsc2806_20220217160501

朝5時10分・岩風呂露天からの伊豆の山に沈む月が美しい

_dsc2816-2_20220217160601

温泉成分表カルシュウム・ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉:適応症・関節症・腰痛・神経痛・五十肩・打撲・捻挫など

_dsc2821

コロナ禍の飛沫感染リスクの対応

_dsc2830

午前6時に7Fの展望露天風呂が朝のオープン

_dsc2834

7F天穹の湯 東の空から夜明けがはじまる

_dsc2837-2

男性でもアメニティの全てはDHC製品

_dsc2844-2

朝6時半の入浴後に人気の無いフロントで検温 35・7度

_dsc2846-2

赤沢温泉二十数年前の民宿太田荘の思い出は夜釣りのイカ釣り

_dsc2867-2

朝食バイキングを食事する孫(次女の三男は大学生の運転手)

_dsc2862-2_20220217161101

自分の和食バイキング普段より大盛り。鯵の干物が旨かった

_dsc2874-2

チェックアウトは11時 10時過ぎに伊豆高原の観光へ(完)

2021年11月 9日 (火)

四万温泉・伊東園ホテルズ四万

 四万温泉の老舗旅館積善館にはブログを書き始めてから昨年までに老夫婦で二度宿泊しています。登録文化財の元禄の湯と夜にライトアップされる赤い慶雲橋が有名な積善館には、最初は登録文化財の「山荘」に宿泊、昨年は高級宿の「佳松亭」に宿泊して、千と千尋の神隠しの舞台と噂された日本最古の温泉建築の本館などを見学してきました。部屋にトイレのない「本館」にはまだ宿泊経験がありません。

今回は、四万の病を治すと言われる四万温泉の霊泉、飲めば胃腸に良く入浴すれば肌に良いと言われる四万温泉の伊東園ホテルズ四万に5人で宿泊しました。
(写真100kbx25枚=2・5mb)

 

撮影日11月2~3日

_dsc1399

伊東園ホテルズ四万

 

_dsc1345

駐車場からのホテル前の紅葉

_dsc1347

伊東園ホテルズ四万のフロント

_dsc1348

ここでも伊東園ホテルズの柳葉敏郎が出迎える

_dsc1350

四万温泉は女子旅1位とは知りませんでした!

Dscn0861-2

まずは摩耶の湯に入浴(朝5時から左の日向の湯が男性に入れ替)

Dscn0859-2

摩耶の湯の内風呂に入浴

Dscn0857-2

摩耶の湯の露天風呂、紅葉を鑑賞しながらの静かに癒す

Dscn0862-2

アルカリ性単純温泉・適応症・神経痛・筋肉痛・関節痛など

_dsc1375

飲泉所 食前に飲んでみたが旨くもなく不味くもない

_dsc1352-2

夕食は飲み放題・食べ放題のバイキング

_dsc1389-2

レストラン入口で渡された手袋はめてバイキング

_dsc1359-2

飲み放題のスーパードライ生のビールサーバーも手袋でボタン

_dsc1354-2

選んだのは寿司と刺身と漬物類の和食、生ビールは三杯が限度でした。昔は5,6杯はいけたのに歳をとりました。

_dsc1364-2

この価格は実在しません、今回は平日でも10000円でした

_dsc1367

摩耶の湯に入浴中に、孫は徒歩15分の積善館の赤い橋を見学に

_dsc1373-2_20211109102301

夜中の摩耶の湯 露天風呂、光の中に紅葉

_dsc1380-2

翌朝の午前5時から二日目は男女入れ替えで日向の湯

_dsc1382

日向の湯・4時半に起きて撮影は客のいない時間と5時からの一番風呂の入浴

_dsc1381

日向の湯の大浴場は昼間の摩耶の湯よりもかなり大きい

_dsc1383-2

日向の湯の露天風呂には紅葉が見えないので一長一短があった風呂の入れ替え

_dsc1387-2_20211109103801

温泉成分等掲示表

_dsc1390-2_20211109104401

和食を選択した朝食バイキング

_dsc1394-2

朝食バイキング会場

_dsc1402

温泉に朝晩に五回も入り温泉三昧を過ごして、チェックアウトは翌日の11時、駐車場からの紅葉写真を撮る光景です。

帰路は二人の主婦は道の駅でお土産と安い野菜の買い物でした。3日の祝日は渋滞の中をナビが空いている有料道路を随時選択して、初心者マークの孫が往復とも運転して二泊三日の温泉旅を無事に帰浜しました。

 

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト