カテゴリー「趣味」の250件の記事

2021年3月30日 (火)

三ッ池公園・桜フォト散歩

 三日前に翌日は雨の予報に満開のサクラ見納めと思い、車で20分の三ツ池公園のサクラ・フォト散歩の帰りに、近所のマーマー保育園の卒園式の当日でした。保育園の駐車場横の満開のソメイヨシノを撮りましたが階段に咲くソメイヨシノが卒園式を祝うように咲く満開の一枚と三ツ池のサクラ・フォト散歩の三十枚の🌸です。

撮影日3月27日(土)

_dsc8276-2

保育園のソメイヨシノ

_dsc8071-2

午前7時三ッ池公園の桜フォト散歩は下の池前の水辺の広場から始まる

_dsc8092_20210330105201

水辺の広場の右手には天馬の像「馬超龍雀」が見える

_dsc8101

水辺の広場を右回りから下の池を巡るフォト記録

_dsc8103

いきなり老木のソメイヨシノの胴咲サクラ

_dsc8106

中央の桜は下の池から撮影した売店左の三ッ池公園開花標準木

_dsc8107

右手にプールのある場所にコロナ対策の看板

_dsc8109

中の池と下の池を区切る遊歩道は花盛りを終えた横浜緋桜

_dsc8112

テニスコート脇の大島桜

_dsc8115

大島桜にも胴咲サクラが咲く

_dsc8118

さまざまのこと 思ひ出す 桜かな 芭蕉の看板

_dsc8119

コロナ禍の対策看板と飲食伴う花見の禁止と左側通行のお願い

_dsc8120

売店・標準木開花木・中の池方向への左側通行の→

_dsc8125

売店横のソメイヨシノ

_dsc8129_20210330111701

売店横の三ッ池公園・開花標準木

_dsc8139_20210330112101

開花標準木の胴咲桜

_dsc8143

開花標準木の隣に咲く薄いピンクの「苔清水」
_dsc8148_20210330112401

右は中の池、左は下の池 見頃は散った早咲きの横浜緋桜

_dsc8155

中の池の看板と中の池のキンクロハジロと染井吉野

_dsc8164

中の池の山桜

_dsc8167

里の広場 例年ならばブルーシートの花見の宴が広がる処

_dsc8170

染井吉野(ソメイヨシノ)

_dsc8178

白妙(シロタエ)

_dsc8188

里の広場前の遅咲きの紅豊はまだ蕾

_dsc8194

花の広場前のエドヒガンは花盛りは終わる

_dsc8202

遊びの森方向

_dsc8206

売店方向

_dsc8212

上の池

_dsc8214

南門・水の広場横

_dsc8220

水の広場の花筏

_dsc8232

滝の広場の上、休憩所付近の老木の根元は雑草と咲く胴咲桜

_dsc8247

丘の上の広場の看板

_dsc8248_20210330120001

丘の上の広場のソメイヨシノ

_dsc8252

丘の上の広場の下り坂を下りて来ると下の池の天馬の像

まだ人の少ない午前七時から八時までサクラ満開の三ッ池公園の三つの池を🌸フォト記録のフォト散歩でした。歳をとるとあと何回の満開のサクラを鑑賞できるのか感傷的になる年頃になりました。

 

 

 

 

 

 

2021年3月27日 (土)

三ツ池の櫻と天馬の像

 県立三ッ池公園は日本さくらの会によって「さくらの名所100選」に選ばれた78品種1600本と言われる桜は早咲きから遅咲きまでさまざまなサクラを長く楽しむ事ができるます。撮影日の27日(土)は下の池の売店横の開花標準木が3月19日に開花しソメイヨシノの満開の時季でした。今回は「馬超龍雀」と言われる中国遼寧省から贈られた天馬の像とソメイヨシノとのコラボです。

Img016-2_20210327142001

三ッ池公園マップ

撮影日3月27日(土)晴天AM7~8時

_dsc8260-2_20210329150901

正門から入るとパークセンター(管理棟)の前を通り、芝生の広場の正面に下の池周囲のソメイヨシノは満開、午前8時前の花見客は例年に比べるとまだチラホラ

_dsc8263-2

芝生の広場の左にお隣の中国とは領土問題などで最近は友好関係とは言いがたいが中国遼寧省から友好の記念として寄贈された‘天馬の像’「馬超龍雀」像が満開の染井吉野の中で宙を疾走している

_dsc8078-2

太陽を背に近づく馬超龍雀と題する馬の銅像が設置されいる、中国遼寧省人民政府からの寄贈であるとの説明がしてある。

_dsc8083-3

日本語の部分のみトリム

_dsc8079-2

「馬超龍雀」像は桜に彩どられた天馬の広場の一角に馬が首を上げ、尾を仰向け、三本の足を空に舞いあがらせ、右後足を龍雀(飛燕)にかけて、疾走する姿が天を駆けるように躍動感にあふれている。

_dsc8088-2

天馬の像の説明によると実物は甘粛省武威で1969年に出土し、甘粛省博物館に保管展示されている1700年以上前のものであるらしく、躍動感に富む馬の姿は飛燕の上(燕よりも早く走る姿をあらわす)に一本の脚のみによって支えられ、力学的平衡原理が正確に計算されているといわれる。

_dsc8252-2

初めて正面から撮影してみた、躍動感あふれる馬体です

_dsc8257-3

縦撮りのままです、補正しないと疾走する馬を失笑ものです。

_dsc8257-2

上の縦撮りを補正して起こしました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月23日 (火)

🌸三ツ池公園はまだ三分咲き

 昨日の朝は、曇り空で風の吹く中に桜の名所県立三ツ池公園を桜散歩してきました。90mmΦ55のマクロレンズで桜花の接写を目的にフォト散歩です。
三ツ池公園のソメイヨシノの開花標準木はまだ二分咲きか三分咲き程度でまだ花見には早かったが横浜緋桜は見頃を迎えていました。
今年の三ッ池公園は酒を飲みながらの花見などの宴会は禁止で、歩きながらの花見を推奨していました。

撮影日2021年3月22日曇り・風力4m・午前7時~8時

_dsc7903-3

売店の横

_dsc8006

例年ならば花見の宴会が多い花の広場

_dsc8021

所々にあるKEEP LEFT

_dsc7963-2

中池と下池を区切る遊歩道に横浜緋桜は満開

_dsc7928-2

満開の横浜緋桜

_dsc7932-2_20210323121201

横浜緋桜のマクロ写真

_dsc7957-2

三ッ池公園の開花標準木はまだ二分か三分咲き程度

_dsc7962-2_20210323124801

老木になるほど胴咲が多くなる

_dsc7959-2

開花標準木の胴咲サクラ、幹の部分から直接咲いている。
_dsc7973-2

山桜

_dsc7995-2

エドヒガン桜

_dsc8000-2

大島桜 園内でひときわ青白いサクラ

_dsc8010-2

シダレソメイヨシノは染井吉野よりも早咲きで花盛りは過ぎていた

_dsc8013-2

シダレソメイヨシノ

_dsc8047-2

染井吉野のマクロ

_dsc8041-2

万里香
_dsc8054-2

苔清水

_dsc8062-2

大島桜の若木のマクロ

78種1600本のサクラ名所100選の県立三ッ池公園、この日のサクラのフォト散歩では染井吉野の見頃は週末のようです。今は早咲きのサクラが終わり、ソメイヨシノが咲き始め、遅咲きはまだ蕾でした。

 

 

 

 

 

2021年3月20日 (土)

お彼岸の塔婆供養

 生涯学習とは良く言ったもので80歳を過ぎても無知であると自覚したお彼岸の塔婆の申し込みでした。無知は「知らないことを自覚する」と言う高尚なことではなく、単なる無茶であった。

Img001-2_20210320112301

菩提寺の天宗山東林寺さんから彼岸入りの前日に「東林寺 便り」を頂きました。緊急事態宣言のなか感染拡大に注意しながら法事を執り行っているなど檀信徒宛の「ごあいさつ」と「お彼岸」の案内で「お彼岸塔婆供養」を恥ずかしながら初めて知りましたので、三月十七日の彼岸入りお墓参りの当日に両親の塔婆を申し込みましたが副住職様から10分後に父母それぞれの戒名の塔婆をその場で頂きました。
大変有難いことです。

本来ならば「東林寺 便り」にも記述されていましたが、事前の申し込みをお墓参りの当日にお願いして、その場で快諾していただきました。

仏教では、塔婆供養は故人の追善供養(ついぜんくよう)になります。追善供養とは、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という仏教の教えからくる儀式です。
塔婆を立てることが善行につながると言われますが、このような塔婆の申し込みでは故人も喜んでくれる善行とは言えないと深く反省しています。今後は年忌法要やお盆の施餓鬼会の塔婆の申し込みと同じように事前の申し込みを必須に心掛けたいと思います。生涯学習は趣味の範疇ですのでカテゴリーは趣味にしました。

  

2021年3月 7日 (日)

コロナ禍で負けそう健康寿命!

 niftyからの誕生日祝いをいただきました。

Mvimg-2

十年一昔と言うが二十年二昔とも言えなくはない。緊急事態2週間延長された今日の3月7日誕生日も引退後に20回を数えた。2001年(平成13年)6月に現役を引退してから令和3年の今年で20年も歳を取った。20年前までを思い出すままに一言で簡単に纏めると入社以来の永年にわたり、管理組織の中で上司や社命により記憶にある全ての仕事は管理サークルを廻すことが業務の基本であった。最初は品質管理、それから業績管理、事業部の売上・利益管理、そして経営管理など全ての社業について、管理サークル(P・D・C・A)を廻して業務を遂行していた。

Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(評価)⇒Action(改善)

この管理サークルを廻し計画を実現することで「働きがい」を満たしてきた。管理組織を卒業してから20年も過ぎ去った。この間「働き甲斐」から「生き甲斐」を求めて、自由気ままに20年過ごしてきた。生きがいを考えるうえでマズローの「欲求の5段階説」「①生理的欲求」「②安全欲求」「③所属欲求」「④自尊欲求」を満たした最上位の「⑤自己実現欲求」、自身の能力を最大限に発揮したいという欲求を満たすことで満足感や幸福感を感じ、生きがいを感じることが出来る。
20年前の初春から初夏にかけて日本のサクラの名所を追いかけることから始まり、16年前に野鳥撮影に転じ、ブログの野鳥撮影に開眼して15年も過ぎた、この間自己の実現を果たし生き甲斐を感じての20年目での今日の誕生日を迎えた。

誕生日が来たぞ~81になったぞ~!!男の平均寿命に到達したぞ~⁉

令和元年簡易生命表の平均寿命の年次推移(表2)によると、男の平均寿命は
81.41年、女の平均寿命は87・45年となり前年と比較して男は0・16年、女は0・13年上回っている。表1の令和元年・主な年齢の平均余命では男の60歳の平均余命は23・97歳、男80歳の平均余命は9・18歳である。

Img012-3_20210305101901

厚生労働省の資料、2001年(平成13年)の男の平均寿命は78・07歳、最新の令和元年では81・41歳、この間に男の平均寿命は3・34歳も延命した。

Img010-2_20210304213801

平均寿命よりも健康寿命が大切。厚生労働省が発表する健康寿命は5年に一度、最新データは2016年(平成28年)、次回は今年の2021年であるがまだ公表されていません。

健康寿命とは、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間
2000年にWHO(世界保健機関)が健康寿命を提唱して以来、寿命を延ばすだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかに関心が高まっています。
健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康でない期間」を意味します。(生命保険文化センターHPより)

上の図表1-2-6より2016年において、この差は男性8・84年、女性12.35年した。

ここで15年前の2016年3月20日のブログを参考までに再掲する。





タイトルは健康寿命と「末はころり観音」




 弥生の月初めに春告鳥(ウグイス)の初鳴きを聞いたが今日は春分の日、お彼岸前の3月16日に二年ぶりの法師温泉長寿館へ温泉旅行、2時に到着したが3時のチェックインまでに時間があるので入館前に敷地内にある「末はころり観音」へお参りした。厚生労働省の発表したデータで気になっていたのは、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2013年は男性71.19歳(同年の平均寿命は80.21歳)、女性74.21歳(同86.61歳)の記事。この記事から「平均寿命」-「健康寿命」=介護を受けたり寝たっきり期間
男性80.21-71.19=9.02
女性86.61-74,21=12.4
このデータを見て願うのが
「元気よくピンピン生きて、最期は寝込まずコロリと逝く」 ピン・ピン・コロリのP・P・K (完)

このブログでもかなり健康寿命に関心があったようです。

2014年11月17日のブログのタイトルは「人生80年どのように生きるか!」翌日の11月18日のタイトルは「平均寿命よりも健康寿命」と何故か?二日続けて寿命に関する統計資料のブログを掲載していた。
この時の健康寿命と2016年のデータでは平均寿命と健康寿命とも延びたのは良いが平均寿命と健康寿命の差が男では9・02ー8・84=0・78年縮小したのは問題である。

最近、目にとまり気になるのは再春館製薬所の「つらい、しんどい。動きの衰え・その不安。」こんな不安を感じたら機能性表示食品「歩みのゼリー」の宣伝漫画。

Img013-2_20210307133501

マンガでは「靴下を履くときよろける」とありますがこんなもんではありません。既に5年前から片足立ちでは靴下を履けず、椅子に座って履きますが体が硬くなり足指に靴下を入れるのがやっとになりました。階段は上りは辛いが下りが怖いのは太田道灌です。歳とともに歩きが遅くなる。これはあたり前田のクラッカーです。
唯一救われるのは、歩くときフラつきやすい。これはまだ自覚がないことです。

昨年の11月まではコロナ禍下でも「旅は人生」、「旅は生き甲斐」と北は北海道全域から西は兵庫県の姫路城まで野鳥撮影・桜・鉄道・温泉・日本100名城とブログのカテゴリーをこなしていましたが11月の箱根と真鶴半島を最後に、閉じ籠り生活が四ヶ月ともなると、過去に獲得し鍛えた体力・気力も失うことになり、体の老化・心の老化が、老~いどん!と始まり我が若さの秘訣は目覚める如く去り行くことになった。まだ再春館製薬所のお世話にはなっていませんし、他のサプリメントも服用したことがありません。
81回目の誕生日を迎えて、まだまだ続けたい健康寿命と生きる価値としての生き甲斐です。人生の1/2以上45年間も長患いの花粉症は、コロナ禍で昨年は買占めされて入手が困難でしたが今年は簡単に手に入るので助かりマスクです。

 

2020年12月22日 (火)

冬至・八幡神社・日の出

 12月21日の日の出とともに鳥居の中から入射した光が拝殿の御神体の鏡に入り光輝く冬至の日。2008年12月21日に冬至の日の出をブログアップした当時から毎年この冬至の日が気になる。一段と寒い朝であったが、日本神社百選に選ばれた新横浜の街並みを一望出来る、街並みの丘のような土地に建つ、八幡山山頂の篠原八幡神社の冬至の日の出🌄を三年ぶり5回目のブログ撮影してきました。5年前位から境内ではご近所さんの老若男女が集まりNHKラジオ体操が6:30から始まり、ラジオ体操終了後の6:40分過ぎには三々五々に散会した後の境内と参道には体操後に残った人と日の出目当てに来た人で約30人の日の出の見物人が寒空の下で日の出が入る鳥居の方向と日の出があたる拝殿を見ていた。

撮影日12月21日AM6:40~7:30

_dsc7545_20201221124501

6:41 境内のラジオ体操終了後に電灯が灯る拝殿に参拝する人と左端は帰る人と日の出を見に来た人のようです。今年は参拝の時に鳴らす鈴の綱は左側に固定されている。コロナ対策か?この日は新横浜の日の出は6:47

_dsc7553-2

6:52 まだ暗い東の街並みの屋根から鳥居の中に注連縄に日の出が見え始める

_dsc7560-2

6:52分 鳥居の注連縄の下に日の出が輝く

_dsc9573-2

6:52 300mmレンズの望遠 注連縄と日の出

_dsc7555-2_20201221124301

6:52分 拝殿に中る日の出と拝殿前の参道で写真を撮る人々

_dsc7568-2

6:54拝殿と太陽と撮影方向が分かれる、優先順位はどちら

_dsc7569-2

6:54 拝殿のガラス戸は閉まったまま、日の出がガラス戸に反射、今年の拝殿は三蜜対応の注意書きでソウーシャルディスタンスでの参拝を奨励

_dsc7570-2

6:54 光の道とガラス戸に反射する日の出に見える

_dsc7578-2

6:55 大きな反射はご神体の鏡の位置ではなさそうです

_dsc7590-2

6:57 鳥居から入った日の光が参道に長い人影を写し拝殿まで伸びる

_dsc7602-2

6:58 拝殿の軒下まで日の光が来たがご神鏡に映る日の光は?

_dsc9589

6:58 拝殿の中のご神鏡の位置を探す?まだガラス戸付近にピント

_dsc9630-2

7:01 望遠で拝殿の中にピント、反射しているのが御神体の鏡のようですがガラス戸に邪魔されてよく分かりません

_dsc7630-2

7:01 光の位置からガラス戸に反射しているようです

_dsc7662-2

7:02 冬至の光はガラス戸に反射のようです

_dsc7723-2

7:04 光の反射は御神鏡の位置ではなさそうです

_dsc7762-2

7:06 時間とともに人影は長くなります右は自分の影

 

_dsc7771-2

7:07 詩でつづる日本神社百選の石碑

_dsc7776-2

7:07 鳥居の石段から拝殿方向へ長い冬至の影

_dsc7857-2

7:20 篠原八幡神社の付近から富士山の撮影

_dsc9754-2

7:24、望遠の富士山、大雪の関越道に比べ雪が少ないようだ

 篠原八幡神社の氏子になって40数年が経ちました。創建から八百数十年の歴史からみるとほんの僅かな時間ですが毎年の初詣や孫のお宮参り・七五三などのお祝いなど家族と近所に住む娘夫婦にとっても、人生の節目節目にお参りして来た八幡山の頂上に鎮座する氏神様の篠原八幡神社です。日本神社百選にも選ばれている由緒ある神社でもあります。昨日も太陽が一番低い日の冬至の日に、鳥居から入光した日の出の光線が参道を走り御神鏡に入るまでを確認を期待したが拝殿のガラス戸が閉まっていたので鏡への入光の瞬間は未確認でした。

 この日は身体に融通が効くようにと願って例年通り柚子湯に入浴。冬至のカボチャは子供の当時から苦手なので敬遠しましたが家内は中風よけの縁起を担ぎ、夕食にカボチャを美味そうに食べていました。

2020年6月 1日 (月)

日本に二つ!龍岡城五稜郭

 洋式城郭の五稜郭は北海道のソメイヨシノの名所、五稜郭タワーなどを含めて観光名所でもあるが日本には五稜郭がもう一つあります。長野県佐久市のどかな田園風景の中に龍岡城五稜郭城址があります、函館五稜郭とともに日本に二つしかない星型稜堡をもつ洋式城郭です。
ここを見物したのは2019年4月17日から始めた北海道撮影旅の最終日、7月9日に五稜郭近くの函館港から青函フェリーで青森に渡り、ここから東北六県の日本100名城のスタンプラリーを始めて更に日本海側を南下して新潟県の新発田城、上越市の春日山城址、石川県七尾市の七尾城址へ7月15日に福井県坂井市の丸岡城のスタンプラリー後にUターンして、7月16日より長野県の日本100名城巡り、松代城・上田城・龍岡城五稜郭・小諸城を巡ったが龍岡城五稜郭以外は日本100名城で龍岡城五稜郭は続日本100名城であるがこの城郭が五稜郭と同じ様式の洋式城郭の五稜郭で日本に二つのタイトルになります。

撮影日2019年7月16日

_dsc45660

徳川軍を撃破した真田一族の城、上田城から車で一時間後に佐久市の龍岡城五稜郭に到着、ここは続日本100名城の一つ

_dsc45700_20200601173801

龍岡城五稜郭の入り口は堀に架かる橋と史蹟 龍岡城跡の石碑

_dsc45711

城址の歴史を窺わせる歴史のある案内板

_dsc45731

龍岡城五稜郭城跡を象徴するような読めない石碑

_dsc45721

龍岡城址の入口横には城の概要の案内板。幕末激動の時期に着工開始して1867年に竣工、築城に際しては稜堡式築城法を用い五稜郭が成立した。函館の五稜郭とともに日本に2つの貴重な洋式城郭と記されています。

_dsc4567

五稜郭の外に突き出た角の部分(稜堡)

 

_dsc4569

函館の五稜郭に比べて堀も堡塁も規模が小さいが星型は同じ

_dsc4575_20200601174301

_dsc45760

歴史がありすぎて文字が消えていた

 

_dsc45770

龍岡城址の入り口から史蹟の石碑と案内板を側面からの撮影

_dsc4578_20200601174401

石垣もきれいに残っていたが堀は途中でなくなっていたので未完成と思われる

 

 

 

 

 

2020年5月11日 (月)

浦臼神社のカタクリの花芯

 カタクリの花は下向きに花弁を開くので花の中心にあるメシベとオシベの花芯を撮ることは稀であると同時に難しいようである。カタクリの「花芯(かしん)」を撮るためにカタクリの花のすぐ脇で腹ばいになって一眼レフの底にあたる部分を地面に付けて撮るCMもいるほど、ひたむきに下向きに開く薄紫色のカタクリの花芯撮影は難しい花です。
花芯に関するWebを散見すると中国語で花芯は「子宮」と言われる。小説家で尼僧の瀬戸内寂聴氏が1957年に新進作家の当時、瀬戸内晴美として発表した「花芯」は批評家から「子宮作家」「エロ作家」などとと批判されそれから5年間、文壇的沈黙を余儀なくされるきっかけとなった伝説的な作品と言われる。「花芯」は2016年に村川絵梨の主演で映画化されている。
本格的にカタクリの花芯を撮る訳でもなく、遊び心でコンデジのマクロ写真を過信して撮影したカタクリの雌しべ雄しべの花芯です。

撮影日4月22日13時~14時頃

Dscn1734

朝はつぼんでいた花弁が昼過ぎには開いていた朝の霙が雨になり朝露として葉や花弁に残るカタクリの花コンデジ撮影

Dscn1735

横からのコンデジ撮影

Dscn1736

昼間は開いているが夜は雌しべ雄しべの保護に花弁がつぼむ

Dscn1737

コンデジを地面につけ近づいたが手振れでピントが甘かった

Dscn1738

二つのカタクリが重なった?

Dscn1741

メシベとオシベが撮れた

Dscn1742

片手間に境内をコンデジで撮り歩いたカタクリでした

2020年4月 9日 (木)

花まつり

 45年前に交通量の多い中目黒から引っ越しをして緑の多い新横浜に住んでからスギ花粉症を発症して、人生の半分以上を花粉症で悩まされている。今年も2月に新型コロナウイルスが横浜港に上陸した頃から目が痒くなり、鼻水とクシャミがとまらず花粉症マスクとティッシュペーパーが生活必需品としてスギ花粉症対応の使用頻度が多くなりました。この時期鼻をかんだティッシュペーパーはゴミ箱に山となり、まるで鼻まつりのていを成しています。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の日に、お祭りのように鼻をかむ日々の生活の中でお釈迦様が生誕した4月8日は花まつりの日です。

Img0020

今年は花粉症マスクの手当てが大困難でした、この写真は使用済みマスクの内側にこのシートを入れて使い捨てマスクを何回も使用できます、近所のドラッグストアでこのシートを並んで購入しましたが二度目は売り切れで再販日は不明でした。新形コロナウイルスの影響で花粉症患者も大迷惑をこうむっている日々の生活です

_dsc10150_20200408153101

花まつりと順序が逆さまになりますが、今年は河津桜まつり期間中に公開される日本三大寝釈迦像の沢田・涅槃堂・寝釈迦をお参り致しましたが、釈迦が生涯をとじた命日の2月15日に百万遍念仏の法要が営まれる年一度の涅槃堂祭りを知り、この日が来るのを一年間待ち望んでいましたがやっと望みが叶いました。シャカが入滅した時の様子が表現されているヒノキの一本造り、全長239.39cm、漆の上に金箔を張り付けた漆箔、螺髪の青色と唇の紅色、体の金箔などがよく残っている。背後に釈迦を極楽浄土に迎えに来た阿弥陀三尊像がいます。 当日のブログより抜粋・転載

0071_20200409094401

お釈迦様の生誕を祝う花まつりを撮影したのは七年前の2014年4月8日の東林寺本堂前の花御堂、お釈迦様が天上天下唯我独尊のお姿に小さな柄杓でお祝いの甘茶を掛けました。(2014年4月8日のブログより抜粋・転載)
今年も4月8日の午前9時に訪問した時はまだ花御堂がありませんので二度目は正午にも訪問したがありません。新形コロナウイルスの影響なのか、お参りの人も少なく今年は花御堂の出番がありませんでした。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言により七年間の毎年の行事が途絶えました。やむを得ない事由です。

_dsc2286

4月8日東林寺山門 墓参の人影のない山門

_dsc2281

山門内より本堂への参道
_dsc2282

参道の左は地蔵尊 右の塀の上にサクラ

_dsc2294

参道左の地蔵尊 真新しい花の献花

_dsc2291

東林寺駐車場上のサクラの葉桜と残り花

撮影 花まつりの日4月8日の撮影

 

2019年8月11日 (日)

筒香選手が大活躍した日

 

 

 一昨日の横浜球場のベイディスカバリーBOXシートに家族と孫など五人で DeNA主砲の筒香選手が宮崎選手の左手骨折のケガで欠場した8月9日の横浜ー中日戦で、「2番 三塁」の守備で出場した横浜球場のナイター見物に行ってきた。この日は久し振りに主砲の三塁手筒香がマルチ本塁打を含む七打点の大活躍の日でした。

撮影日8月9日
Dscn0502

1階から直通のエレベーターで5階屋上のBOXシートは05番です
Dscn04271

お弁当をエレベーターを降りた処で五人分を受け取る
Dscn0432
まずは生ビールを飲みながらお弁当を食べる
Dscn0436

席はバックネット裏の最上段
Dscn0438

筒香が満塁ホームランを打った五回裏
Dscn0444
BOXシートの通路側から
Dscn0446

ここは席に座っては野球が見えない、ガラスの上の手すりからの見物、シートは休憩や食事の時に時々座るものらしい。
Dscn0450

ビール片手に座席の横に立っての見物
Dscn0457
  試合終了 10-6で横浜の勝利
Dscn0460
お立ち台は大活躍の筒香選手一人
Dscn0463

お立ち台のインタビュー

Dscn0473

殊勲賞はラーメン一年分
Dscn0468

初回の本塁打、5回の満塁本塁打、6回の二点タイムリーの七打点の活躍
Dscn0474

アイラブ♡ ヨコハマ❕
Dscn0478

Dscn0480

観客席にボールを投げながら一周
Dscn0483

Dscn0484

フアンサービスの背番号25

Dscn0492

花火の打ち上げで試合見物の終了

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト