2020年4月 4日 (土)

桜の花柄と雀の紋次郎

 桜の花蜜を吸いに来る鳥はクチバシと舌の長いメジロとヒヨドリをよく見かけます今年もいろいろな桜の花にくる写真を撮りました。稀に雀や四十柄も桜の花蜜を吸いに来ますがクチバシが丸いこれらの鳥は桜の萼や茎の花柄(かへい)を食い千切り、花蜜のあるメシベの子房(種になる)の上から噛むように穴をあけて花蜜を吸います。今年は三ツ池公園で体長40cmもある緑色のワカケホンセイインコも桜の子房のあたりを噛んで花蜜を吸っている写真も初めて撮りました。

日本昔話の優しいお爺さんと欲張りお婆さんとスズメの話で懐かしい「舌切り雀」や雀の諺、極僅(ごくわず)かなのものを表す「雀の涙」、幼い時に身につけた習慣は年をとっても忘れず「雀百まで踊りを忘れず」など、小林一茶の雀の俳句「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」「われと来て遊べや親のない雀」など昔から庶民の生活に身近な雀。そして昔人気の股旅物のTVを思い出した、ニヒルな渡世人の木枯し紋次郎「あっしには関わりのないことでござんす」の名セリフと粋に咥えて吐き出すと百発百中の長楊枝。桜の花蜜を吸蜜した後に紋次郎のように桜の花柄(かへい)を楊枝のように咥える「雀の紋次郎」を垣間見ました。

 

_dsc36030

花曇りの日に染井吉野の花蜜を物色中の雀

_dsc36060

右を見て左を見る物色中のスズメ

_dsc36431

サクラの萼を花ごと食い千切るスズメ

_dsc37031

筒の中の花蜜を噛むように吸蜜

_dsc37052

花蜜を噛んで吸った後はサクラを地に落とす、木の下には五弁の花びらが散らかる

_dsc37071_20200404144301

花曇りの日、満開のソメイヨシノの中

_dsc37061

蜜のある子房の部分を吸っているのか、それとも花柄(かへい)を紋次郎のように咥えたのか雀に確かめたい(たし噛めたい)

_dsc37062

大きくトリムした雀の紋次郎スタイル

_dsc37121

花蜜が無いと思われる花柄(かへい)の真ん中あたりを咥える

_dsc37122

スズメの遊び心なのか?花柄(かへい)の左端は枝に付いていた部分、手前の右の部分はメシベの種になる子房(蜜がある)部分、まるで釣り合い人形のヤジロウベエのようにして遊んでいるかのように見える桜の吸蜜スズメ

花曇りの日、ソメイヨシノが見頃の岸根公園篠原池にて撮影

2020年4月 2日 (木)

地元のサクラとカワセミ

 生命維持のための食料品を近所のOKストアへの買い出しはOKであるが、フォトブロガーの写真撮影は不要不急の外出を控える、自粛の禁を犯すことだろうか?
勝手気ままに残された人生の残日録とも思えるブログを生きがいとしている自分にとって死活問題並みと認識しています、生活の糧を得ることと同様であると自覚しています。今朝は日の出とともに起きて家から約800mのサクラ咲く地元の公園に来るカワセミを撮りにフォト散歩に出かけました。桜の見頃を迎えた公園ではマスク顔で散歩がてらに見頃のサクラを撮る人が三々五々、カワセミを撮影するCMが三名いましたがあまり会話がない中でマスクの顔は3名とも初めてお会いする人でした。
本日は久し振りに当日の写真をブログにしましたこれも稀有な事です。

撮影日4月2日AM6時30分~7時30分

_dsc3801

数年ぶりの地元の公園、若くてまだ色が出ないのか、それとも老いて色が落ちたのか、カワセミ♀に聞いてみないと分からない?

_dsc3851

ハトの群れが時々一斉に飛び立つ羽音、カワセミも上空を警戒する、この公園の一角にツミの番が営巣しているらしい。

_dsc3985

満開の桜と翡翠

_dsc4023

見上げる空に何か?

_dsc4031

_dsc4055

鴨が近ずくと池面にたてる波で魚が見えないのか時々桜の枝を移動する

_dsc4072

_dsc4088

 

_dsc41611

小魚をゲットして花弁の散る石の上

_dsc41621_20200402130701

採食は桜の枝の中へ飛び出し

_dsc4197

また採食後も池面を凝視

_dsc4210

花筏の浮かぶ池の杭の上でも採餌の構え

この公園はやらせの止まり木はなく自然の中であるがままの撮影、飛込と小魚をゲットする瞬間は手持ち撮影では至難の技でした。

 

2020年3月31日 (火)

桜の枝にカワセミ

 横浜市営地下鉄ブルーラインの地元の最寄り駅は岸根公園駅、地下のホームからエレベータで地上に出ると目の前に篠原池。まだ五分咲の染井吉野の枝で魚を狙うカワセミ、地元の若い翡翠♀が池面に映るように垂れ下がるサクラの花と蕾の枝から飛び込み小魚を採餌していました。

撮影日3月31日

 

_dsc3560

まだ胸と腹のオレンジ色がまだらな若いカワセミ、桜も蕾が多い

_dsc3472

下のクチバシが赤いので若い♀

_dsc3478

若い成鳥でも頭も羽も青色が薄い、池面を凝視している

_dsc35061

小魚を獲り枝の上で叩いて採餌した(ピン甘でした!)

_dsc3527

頭も羽も腹もすべてに色がウスクまだら模様

_dsc35330

この子に求愛給餌する♂が来るのだろうか?

_dsc35341

サクラからサクラに移動の飛び出し

_dsc35351

手持ちの撮影では久し振りのカワセミについていけない

_dsc3554

サクラも蕾が多くカワセミ♀もまだ蕾

_dsc3737

最後に見たのは看板の上、ここから池の外へ消えてしまった。

何年振りか、久し振りに見た篠原池のカワセミでした。

2020年3月25日 (水)

桜の梢に百舌鳥

 染井吉野がまだ2~3分咲きの時季に桜の下の草原の昆虫を狙う鵙(モズ)の番(つがい)を見つけて撮影。

撮影日3月24日

_dsc29900

♂は桜以外の花の無い木の枝から餌取、♀は桜の枝の上にいた

_dsc29941

モズ♀の鳴きは餌の催促か?

_dsc30001

桜の中でモズ♀ まだなの!

_dsc30061

_dsc30211

_dsc30301

_dsc31501

ようやく♂がサクラの枝に来た

百舌鳥の求愛給餌が見られなかったがソメイヨシノと同じでまだ時期が早かったのか?

2020年3月15日 (日)

寒緋桜とワカケホンセイインコ

 2週間前に三ッ池公園・南門・水の広場の修善寺寒桜を無残にも食い千切って花蜜を齧(かじ)る篭脱けと思われる一羽のワカケホンセイインコを見つけたが、今回は正門駐車場からパークセンター前の芝生広場を横切り、水辺の広場から丘の上の広場に向かう坂の途中で、日陰にある寒緋桜(樹木番号C154)の花の中で動く鳥が目に入る、近づくと逃げもせず頻りに花弁を食いちぎる緑色大形のワカケホンセイインコとの2度目の遭遇であった。首の側面から下に黒い輪があるので前回と同じ♂の個体と思われる。ニュースなどでは集団行動するこの鳥がたった一羽でどこから飛んでくるのか、ネットを調べると公開された「日本鳥類保護連盟」の調査研究情報では東京、神奈川、埼玉に分布する多くの個体が20数キロの距離を毎日通う例もあるといわれるので、もしかするとこの個体も東京大田区の東工大をねぐらにしているものと推測されます。

撮影日3月13日 撮影地・県立三ッ池公園

_dsc24941_20200315101201

下向き咲く濃いピンク色の寒緋桜にワカケホンセイインコが花弁を採餌、首輪の色は上は肌色で側面から下は黒い輪である。

_dsc25521

花蜜を吸って花弁は落としている

_dsc25650

花弁を食い千切って咥える、それから噛んで吸蜜のようです

_dsc25691

ワカケホンセイインは雑食性ではなく植物性でサクラが大好きらしい

_dsc25781

前回の修善寺寒桜と同様に寒緋桜の花蜜が好きなようです、顎の輪は黒髭のように見えます、足輪などの個体の記録はないようです。

_dsc26390

となりの木の青葉はサザンカの残り花には目もくれず

_dsc27131

_dsc27411

寒緋桜の半開きの花を何枚も何回も食い千切る

_dsc27681

_dsc27721

花柄を咥えて・・・

_dsc27731

花柄を食い千切り吸蜜して捨てる

寒緋桜での吸蜜を見つけたのは10:31~飛び去る10:41まで10分間の撮影でした。

2020年3月14日 (土)

ヒイラギナンテンの花とヒヨドリ

 三ッ池公園中の池から花の広場への入口に「三ツ池の桜」の案内板があり、ここには春の訪れを飾った大寒桜(オオカンザクラ)が葉桜となり桜の残り花にヒヨドリが吸蜜に来ていた。オオカンザクラの下にヒイラギナンテンの黄色い花が開花を始めていた。オオカンザクラの残り花とヒイラギナンテンが花の盛りを迎える弥生三月花の季節のリレーを見ているような、染井吉野の開花を待ち望む初春の光景に見える。ヒイラギナンテンの名称はナンテンに似ているが葉の縁にヒイラギのような棘がありことから命名されたようである、葉先のトゲに触れると痛い。この黄色い小さい花を貪るヒヨドリは花盗人に思える。

撮影日3月12日

_dsc0893

中の池の桜の案内板、染井吉野の開花はもう直ぐ!

_dsc22610

早咲きの桜、葉が出てきたオオカンザクラに居たヒヨドリの鳴き声

_dsc22641

吸蜜の時に花が落ちたのか、それとも花弁の落ちている萼の中を吸蜜している珍しい光景か、それとも吸蜜に花の無い・華のない写真かな?

_dsc22720

次の光景はオオカンザクラの下に咲くヒイラギナンテンの黄色い花を散らしながら採食を始める

_dsc22890

ヒイラギナンテンはまだ5分咲かな?小さい花は花ごと吸蜜?

_dsc22950 

クチバシの中にいっぱい入れる花の大食い!葉先のトゲは花を守ることは遂げず

_dsc22980

一花(一粒)を嘴(クチバシ)の先に咥えて

_dsc23010

一飲み

_dsc23050_20200314124801

クチバシの中に長い細い舌が見える

_dsc23070

ゴックン!と舌鼓

_dsc23170

今度はクチバシの先に放り込む

_dsc2323

_dsc23361

ヒイラギナンテンの葉先のトゲにかまわず!

_dsc23371

暫く間ヒイラギナンテンの花を食べ続けた

_dsc23520

その後は上のオオカンザクラに戻る

_dsc23570

何故か?鳴いたが・・・

_dsc23630

デザートはオオカンザクラの吸蜜かな?

三ッ池公園の横浜緋桜は開花前、ソメイヨシノはまだ小さい固い蕾の時季でした。

 

 

 

2020年3月 9日 (月)

梅は咲いたか!桜はまだか♪

 

 ”梅は咲いたが(^^♪桜はまだか♫” ワカケホンセイインコと修善寺寒桜を撮影してから一週間振りの撮影です。その時は寒緋桜とオカメはまだ蕾でしたが今回は五分咲き程度に咲いていました。寒緋桜とオカメにはまだメジロは来たらず、来たのはヒヨドリでした。この一週間はノートパソコンの定期メンテナンスでブログなどのPC作業は三日間のお休みでした。このPCは5年前に使用開始してから使用時間が15664時間の診断でした、一日平均約3時間の使用でした。定期メンテナンスでアドウエアの感染を削除されて戻ってきました。この間に税務署へ確定申告やサクラと野鳥デビューした県立三ツ池公園の桜開花のチェックなどで時間をつぶして過ごしました。上述のように寒緋桜とオカメは開花していましたが横浜緋桜や染井吉野はまだ蕾が小さく固く開花までは更に一週間くらいはかかると難く思われます。三日前の傘寿の誕生日に撮影した桜と野鳥です。 

_dsc08820

毎年撮影している、二十年前の桜デビュー、十六年前の野鳥デビューした三ッ池公園の案内板。「さまざまのこと 思ひ出す 桜かな  芭蕉」桜も野鳥も様々な事を思い出す満傘寿の県立三ッ池公園でした。横浜緋桜と染井吉野の開花が待ち望まれます。

_dsc08540

葉が出始めた修善寺寒桜、この日は一週間前のワカケホンセイインコは居ません

_dsc07361

一週間前に撮れなかったメジロがいました

_dsc08171

葉が出てきた修善寺寒桜を吸蜜するメジロ

_dsc08340

修善寺寒桜から飛び出すメジロ

_dsc09550

三ッ池公園の丘の上の広場にある二本の寒緋桜を吸蜜するヒヨドリ

_dsc09681

下向きに開花する寒緋桜はヒヨドリも窮屈そうに吸蜜する

_dsc10040_20200308195401

この日はヒヨドリだけの吸蜜でした

_dsc09790

ヒヨドリのクチバシの基部が花粉で黄色くなっています

_dsc10960

オカメを吸蜜するヒヨドリ、オカメは寒緋桜と豆桜(富士桜)との交雑種、五花弁は小さく一重やはり寒緋桜と同じく下向きに咲く

_dsc11860

上の池と中の池を仕切る遊歩道の上の池側に二本のオカメ

_dsc12051

ここも吸蜜は下からのヒヨドリだけ、メジロは来たらず

_dsc12251

ヒヨドリの吸蜜姿はいろいろ

_dsc11361

桜の木にはあまり見かけないムクドリ

_dsc11730

珍しい!オカメの梢にムクドリ

_dsc11740

オカメの下で採餌していたムクドリが近づいた遊歩道の人に驚いてオカメの枝に避難した模様です、ヒヨドリのように吸蜜する様子は全く見られません。

_dsc11810_20200309093401

 カメラが近付くとオカメの枝から飛び出す

撮影日3月7日 修善寺寒桜・寒緋桜・オカメの早咲きの桜と野鳥でした。

 

 

 

2020年3月 1日 (日)

修善寺寒桜とワカケホンセイインコ

 今年は雪の少なかった暖冬と聞いているので例年よりも10日ほど早めに「日本さくら名所100選」の県立三ッ池公園へ、ここは野鳥撮影デビュー前から桜を撮りに来た公園であり、78品種1600本の桜が早咲きから遅咲きまで時期をずらしながら花を咲かせる。上の池の寒桜は既に葉桜となり、オオカンザクラは見頃を迎え、南門入口の3本の修善寺寒桜は五分~七分咲程度、寒緋桜とオカメはまだ開花前、横浜緋桜も染井吉野もまだ硬い蕾であった。早咲きの修善寺寒桜には例年メジロとヒヨドリの群れが集まるが2月29日(土)8時30分頃には普段見慣れぬ緑色大型の鳥が桜の花を貪るようにちぎり木の下に花を散らしていた。ニュースでは見たことがある都内や川崎などで集団で野生化している篭脱け鳥のワカケホンセイインコと直ぐに判ったがこの場所では初見初撮りであった。ネットで調べるとワカケホンセイインコの漢字表記は「輪掛本青鸚哥」♂は首の周りに「首輪」のような模様があることから漢字では「輪掛ホンセイインコ」全体が緑か黄緑色をしており、普段この桜の吸蜜に来る見慣れたメジロ12cm、ヒヨドリ28cmと比較するとかなり大きい約40cmでメジロやヒヨドリにピントを合わせると画面からはみ出す程シッポが長く大きい野鳥である。目の周囲はオレンジ色の縁取りがあり、大きく丸いクチバシの上部が赤色で下部は黒色であった。集団で餌をあさりに来ると聞いていたがたった一羽でも桜の下は五弁の花冠が散っていた。
撮影日2月29日

_dsc0155

赤い大きな嘴と長い尻尾の鳥が修善寺寒桜に一羽

_dsc0195

修善寺寒桜を花弁ごと食い千切る

_dsc0256

雀の吸蜜と同じように花柄の子房のあたりを噛んでから捨てる

_dsc0290

食い千切った修善寺寒桜の花柄を咥えている

_dsc0330

花蜜を噛んで吸ったのか?

_dsc0331

その花弁をクチバシから離す、木の下は五弁の花が散っている

_dsc0336

次から次に花を食い千切る

_dsc0337

そして噛んでいるように見える

_dsc0340

そして下に落とす、目の縁取りはオレンジ色に見える

_dsc0380

メジロもヒヨドリ近づかない

_dsc0384

たった一羽でもワカケホンセイインコの天下

_dsc0405

修善寺寒桜を咥えるワカケホンセイインコの正面顔です

8時37分頃~47分まで一羽で来園して、うるさい!ヒヨドリの集団の鳴き声でか?上の池方面に飛び去った。桜と野鳥撮影で20年近く通っている三ツ池公園では初めての観察であった。

 

 

 

2020年2月16日 (日)

沢田涅槃堂河津桜のメジロ

 2月15日は八十歳の生涯を閉じたお釈迦様の命日です。河津桜満開の寝釈迦様の涅槃堂では毎年、河津町沢田区民により涅槃会が執り行われます。午前十時からの涅槃堂祭りの開始前に、裏山の桜見晴台の河津桜の花に吸蜜に来たメジロを撮影しました。

撮影日2月15日 於いて・河津町沢田の涅槃堂

Img0340

河津桜まつり期間中の涅槃堂のポスター

_dsc0861

上のポスターの一番下のこの河津桜の吸蜜に集まって来た目白さんです

_dsc9660

_dsc9662_20200216143101

まだ蕾が残る河津桜は見頃が長い

_dsc9671_20200216143201

_dsc9684

_dsc9696

_dsc9723

_dsc9732

_dsc9744

_dsc9749

葉が出てきた河津桜に飛んできたメジロは陽の当たる処よりも日陰の花に吸蜜に来る

2020年2月13日 (木)

糸川あたみ桜まつりの野鳥

 令和2年1月11日(土)~2月9日(日)熱海市のあたみ桜糸川桜まつり は四日前に最終日を迎えたが、一番の見頃となる1月下旬から2月初旬に今年は横浜中華街の春節の時期と重なり熱海には2回の観光でした。初日の開催日に伊藤園リゾートのホテル大野屋に宿泊した際に銀座バス停の「あたみ桜の基準木」は開花している花びらは1~2程度であったのでまだ開花前であった。横浜中華街の春節イベントの合間をぬって2月6日に今年二度目熱海梅園と糸川遊歩道のあたみ桜の写真撮影に出掛けてきました。御成橋から渚橋に至る300mの糸川遊歩道のあたみ桜の見頃は過ぎていましたが普通の桜よりも2~3倍も長期間を楽しめるあたみ桜にはメジロやヒヨドリが吸蜜に来ていました。
撮影日2月6日

_dsc92330

あたみ桜は花びらの花弁が散ったあとに5枚の萼片によるピンク色の濃い萼が残る、萼の中央にあるメシベの根元の子房(ふくらんでいる)にある花蜜を吸いに来たメジロ、花弁が散っても蜜は残っているようです。その花蜜を求めて目白さんがやって来ました。

_dsc93950

蜜を吸いにピンク色の萼(がく)に来たのか、花弁(花びら)に来たのか?

_dsc93530

花弁の落ちた萼か、花に来たのか、メジロの視線?

_dsc93560

見頃を過ぎたあたみ桜とメジロ

_dsc93641

やはり花弁のあるあたみ桜に来ました!

 

_dsc93990

ヒヨドリもやって来ました

_dsc94010

クチバシの長いヒヨドリはメジロと同じ吸蜜方法です

_dsc94400

ヒヨドリは花弁のあるあたみ桜専門でした

_dsc96211

雀も来ましたが丸い嘴は花の中には入れられない

_dsc96101

あたみ桜の萼の上から食い千切って蜜を吸います

_dsc96071

雀に吸蜜の後は木の下に5弁の花ごと落ちています

_dsc92050

常緑樹のブーゲンビリアの枝に目白です

_dsc9459_20200213073401

赤いブーゲンビリアで吸蜜の休憩?

_dsc95080

メジロと赤いブーゲンビリアのボケ

_dsc95780

銀座バス停の横断歩道を渡ると糸川の川底にも遊歩道があります。コサギが採餌の最中です

_dsc95830

石の陰で小魚を狙っています、以前はカワセミもいましたが今回は見ません、コンクリートの川底は止まり木がありません。

_dsc95850

糸川河口の国道135号下り線渚橋の下のコサギ

_dsc95880

渚橋下の川底に土鳩の群れ

_dsc95900

ハトの餌は何でしょうか?

糸川遊歩道のあたみ桜と野鳥でした。

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ